看板ネタ 一覧

しんかめです すきです たべてます

 中々の自己PR文です。

shinkamedesu

 「うどんです しんかめです そばです しんかめです すきです たべてます」との、「新亀庵」さんというお蕎麦屋さんのPR文です。リズムが良いので何度も心の中で復唱してしまいます。

 お蕎麦屋さんなのに「うどんです」から始まる点と、最後の「すきです たべてます」はお店の立場とすると違和感があるため、常連さんの立場からの言葉なのだろうかという点が、それぞれ気になったまま店の前で棒立ちしてしまいました。そしてこのフレーズが更にスピードアップして頭の中を駆け巡ります。呪文ですね。

 PRは成功だと思います!


昭和マーケット

 お次は川崎大師に行った際に見つけたこちら・・・

showamarket01

 「昭和マーケット」さんです。昭和22年(1947年)に出来たマーケットとのことです。因みにこちら「昭和」の時代に造られましたが「昭和」という地区にありまして、直接は地名から取った名前かと思われます。

 例によってとてもイイ味のフォントです。特に「マーケット」の文字の並びが私は好きです。

 入ってすぐに駐車禁止の看板がありました。

showamarket07

 中のお店の一部です。残念ながら私は非営業日にやってきてしまったようです。

showamarket02showamarket03

showamarket04showamarket05

 見上げるとアーケードがイイ味を出していました。

showamarket06

 反対側の入口です。

showamarket08

 看板は統一感が保持されておりました。ちょっとうれしかったです。なおこの看板は今もとても印象に残っておりまして、ミニチュアやブローチが欲しいなぁと密かに思っております。


最新式カラオケ 大画面迫力

 これまた年季の入った看板です。

shigesa

 「スナック しげさ」さんとのことです。小さい看板ながらも回転灯をつけていたりして告知を頑張っているところが可愛らしく、長年お客を呼び続けているであろうところがいじらしいです。

 そんな可愛らしい看板ですが告知文は「最新式カラオケ 大画面迫力」というものでした。フォントもイイ味出しています。「気楽で安い!!」という文言もイイですね。

 「迫力のある大画面」が売りなのだと思いますが「大画面迫力」という文言が中々新鮮です。またスナックで歌われるのはしっぽりとした歌が多いと思っているのですが、その迫力はどこに使われているのでしょう・・・。

 「新装開店」「新発売」などもそうですが、新しいことの告知はいつまで続けて良いのか悩むところですね。


スタッフ募集 新装開店!

 大分年季の入った広告看板です。

carol

 「ビューティサロン キャロル」さんとのことです。女性の後姿のイラストや板の錆具合など、色々と時の流れを感じさせてくれる素敵な看板です。

 そんな時の流れを感じさせてくれる看板ですが、冒頭に「スタッフ募集 新装開店!」との告知がありました。

 「新発売」「新台導入」などもそうですが、新しいことの告知はいつまで続けて良いのか悩むところですね。


台湾旅行2016 おまけ

 今回の台湾旅行で見つけた、うちのブログ向けのネタをご紹介いたします。

 まずは「StarFucks Cafe」です。「スタファ」ですね。近くにある麺線の店と肉まんの店目当てで通りかかったところ見つけました。
 目を疑いましたが、実際に真面目に営業されているようです。冗談でやっているのならともかく、真面目にやられているようなのでどなたか忠告してあげれば良いのにと思いました。

starfucks1starfucks2

 お次は地下鉄でよく見かけた「風の魔術師」という扇風機の広告です。これはサーキュレータとしても使えそうです。
 「うちに魔術師が居る」「魔術師を操っている」と吹聴したく、少し欲しくなりました。

kazeno

 「綺麗とエネルギー」とのことです。太和工房さんというお店のキャッチフレーズのようです。形容詞と名詞を並列させるところは面白いと思いました。

kireitoenergy

 「幸せなデザート」杏仁豆腐とのことです。「あなたに食べられて幸せ」ということでしょうか。
 お釈迦様に我が身を提供すべく火に飛び込んだウサギを思い出してしまいました。(´・ω・`)
 ちょっと小さいのですが右側に「新食感 獨特の味」と書いてありまして、それも面白かったです。

shiawasena


 今回も台湾は私を癒してくれました。台湾にはまだまだ行きたいところがたくさんあるので、お金を貯めたいと思います。ありがとう!台湾。


1 2 3 4 5 6 7 23