イイキャラコレクション in 台湾 2019 その3

 この度の旅行で見かけた、のびのびとしたイイ味に仕上がっているキャラクタ達を続けてご紹介いたします。

 まずはこちら、体操選手のような服を着たパンダが荷物を運んでおります。「通盈通運」さんという運送会社のキャラクタです。中々イイ表情をしています。

 こちらの会社のトラックはイイキャラを使っているだけでなく、私の好きな右読み式での「運通盈通」という表示も披露してくれていました。

 お次はこちら、ウルトラマン兄弟の人形セットです。「ULTRAMAN」との表記の他に、箱の右上端と左端に「SUPERMAN」とも書き加えられておりました。実際は何マンなのでしょう。

 お次はこちら、子供用のアンパンマンパジャマです。着ぐるみとなるところが良いですね。しかし無許可であるとは思います・・・。胸元の顔は何なのでしょう。

 お次はこちら、マッサージ屋さんの「顔マッサーヅ」「足マッサーヅ」の看板です。施術する方がどちらもとてもイイ表情をしております。気持ち良くなれそうなこと請け合いです。

 今回の旅で一番気に入ったのはこちらのお店のキャラクタです。中華まんとパンを扱う「克林台包」さんというお店の「小月」(月ちゃん)というキャラのことです。

 立体版もありました。

 こういうイメージキャラクタを長年大事にするところは日本と良く似ていて親近感がより一層湧きます。いつまでも変わらずに居てほしいと思いました。
 ちなみにこの克林台包さんは「台南人的包子」のキャッチフレーズで展開しており、色々な具の入った肉まん「八寶肉包」が有名です。お店の近くに公園があるので、そちらで食べるのがおすすめです。


イイキャラコレクション in 台湾 2019 その2

 この度の旅行で見かけた、のびのびとしたイイ味に仕上がっているキャラクタ達を続けてご紹介いたします。 お次は日本の誇る人気キャラクタ「ドラえもん」編です。

 まずはこちら。個人経営の洋品店に飾られていたぬいぐるみのドラちゃんです。上から押されてしまったのか初めからこういう作りなのか、ずんぐりむっくりな体型がさらにずんぐりむっくりとなってしまっております。

 お次はこちら、飲食店の壁画となっていたドラちゃんです。首輪の部分が気になりますが手描きでイイ味を出しつつ上手に描かれています。

 店名を見てみたら「小叮噹漢堡店」(ドラえもんハンバーガーショップ)とありました。 ※「小叮噹」は昔の台湾でのドラえもんの呼び方です。

 お次はこちら、ソーダ水のお店の看板にあったドラちゃんです。炭酸飲料とドラちゃんは結びつきませんがこれもイイ味が出ている看板絵です。

 最後はこちら、コイン式遊具の背もたれの部分に描かれていたドラちゃんです。列車の遊具の色を塗り直して船の遊具に変え、空いているスペースにドラえもんが追加で描かれた模様です。「子供が喜んでくれるものを」と選ばれたのだと思いますが、さすがの愛され具合です。

 続きます。


イイキャラコレクション in 台湾 2019 その1

 この度の旅行で見かけた、のびのびとしたイイ味に仕上がっているキャラクタ達を少しご紹介いたします。

 まずはカラオケスナックのキャラクタです。ニワトリが演歌を歌っておりますがウインクをしたりして大分調子は良さそうです。

 お次は饒河街夜市のフクロウのキャラクタです。夜市なのでフクロウなのですね。変えずにずっと残っていてほしいなぁと思っています。

 前から実物を見てみたいと思っていたウルトラマン風刀削麺ロボット「機甲厨神」に出会えました。時間がなくて食べられず動いているところを見られなかったのが残念です・・・。

 台鉄のキャラクタです。列車シートの頭部カバーで後部座席側に描かれております。2頭で仲良く臺鐵排骨八角便當を食べているのですが、ちょうど私も同じものを食べていて嬉しくなりました。

 続きます。


麻豆代天府 その2

 麻豆代天府は本堂・観音堂も勿論素晴らしいのですが、このブログでは「十八地獄」「天堂」をご紹介いたします。

 まずは「十八地獄」から。こちらは入場料を取っておりまして、40元(日本円で144円)となっております。

 かつてこのブログでご紹介した石門金剛宮の地府の様に人感センサーが人の入場をキャッチすると機械仕掛けの人形が動いて地獄の様子が紹介されるという、お化け屋敷のような趣きの施設でした。「様々な罪に対して裁きが下され、厳しい刑に処される」という流れの人形劇が18回繰り広げられるのですが、古い施設にもかかわらず人形のメンテナンスがしっかりされていて、私は怖さよりも保守の努力に対する感心の気持ちが先に強く立ち「もっと入場料払いますって!」思ってしまいました。
 地獄の様子はこちらを

 第十二番目の、強盗殺人を犯した罪人が斧で体を切られる「砍四肢の刑」の場面の動画を撮っておりましたので、良かったらどうぞ。

 地獄の次は「天堂」(天国)です。同じく入場料は40元(日本円で144円)でした。

 麻豆代天府の一番有名なオブジェは大きな龍なのですが、天堂はその龍の中を通っていきます。余談ですがポケモンジムにもなっております。


 天堂へ向かう階段の動画を撮りましたのでこちらも良かったらどうぞ。 

 階段の壁画として施設の設立当時の「現代人」が描かれており、そのファッションが時代を感じさせてくれます。天国なのに楽しそうでないところが不思議です。

 先代の5代目三遊亭圓楽師匠に似た天女も描かれておりました。

 天堂の様子は以下のようなのんびりとしたものでした。こちらも人感センサーでスイッチが入り機械仕掛けの人形劇が展開される形で、十八地獄と同じくメンテナンスがしっかりしていることにまず感心してしまっております。

 天堂の終わりには天女がおり、龍の口から外に出る形となります。

 階段から降りるところもまた動画に撮りました。

 「十八地獄」「天堂」共にサービス精神旺盛で味のある施設でした。この素晴らしい施設を長く残してもらいたいと思っております。

 麻豆代天府は少々交通の便が悪いものの、行って損は全くない超おすすめスポットです。


麻豆代天府 その1

 お次は台南市の郊外にある麻豆代天府をご紹介いたします。

 麻豆代天府は、様々な本やサイトで紹介されているためご存知の方も多いと思いますが、私の好きなサービス精神旺盛なタイプのお寺です。

 台鉄台南駅から30分ほど北上した台鉄隆田駅が最寄り駅でして、隆田駅からタクシーで15分ほどの場所にあります。

 隆田駅からタクシーに乗ったら運転手さんが「時間を指定してくれれば、迎えに来るよ」と言ってくれたので、時間と安心を買っておこうとお願いしておきました。商売上手ですね。台南駅から隆田駅までの運賃は38元(日本円で137円)、隆田駅から麻豆代天府までのタクシー料金は200元(日本円で720円)でした。

 最初の画像の門をくぐり境内に入るといきなり爆竹が敷かれております。

 「これは何に使うのだろう・・・」と思っていた矢先に祭礼が始まりました。良かったらこちらの動画をどうぞ。

 見どころは 0:50 から始まる爆竹の爆発と、4:50 から始まる青年の痛そうな剣の舞(血止め処理付き)です。終始演奏されている癖になりそうな音楽も大きなポイントです。

 因みに祭礼はもう1つ見ることが出来まして、良かったら次の動画もどうぞ。こちらは打ち上げ式の爆竹を鳴らしています。

 良い日・良い時間に訪れることが出来た幸運に、気持ちが大分盛り上がりながら参拝を始めました。

 続きます。

 


1 2 3 4 174