名前ネタ 一覧

みと肛門

 予てより気になっていた有名物件の確認に行って参りました。

 「みと肛門クリニック」さんです。中々勝負に出たお名前です。ちなみに茨城県庁の近くに構えられております。

 建物の中に入って直ぐの階段には、見易いところにクリニックの縦看板がありました。

 シンプルでお洒落な入口です。この日は休診日でした。

 他のテナントに何気なく混じっているものの、そこはかとない名前の存在感です。

 全国の男子小学生から絶大な人気を寄せられそうな病院名なのに、佇まいはとても大人しいものでした。無事に確認できて良かったのですが、少し拍子抜け感は感じております。しかし院長さんは過剰にふざけたりなどしない真面目な方なのでしょうね。いつかこの病院名にした際の覚悟を伺ってみたく思っております。


部長の専売店

 もう1つおまけで上海のネタを・・・。こんなお店がありました。

 「部長の専売店」とのことです。何で部長が専売制を敷いているのでしょうね(笑)なお全容はこちら。

 イートインもあるパン屋さんのようでした。其処彼処にくまモンが飾られております。上海ではしばらく前からくまモンが人気のようでして、こんなお店もありました。

 「熊本の美食小站」とのことです。必死にくまモン人気にあやかろうとしている所にいじらしさすら感じます。

 ちなみに、上海ではちゃんとくまモンの公式ショップも存在しております。

 さすがに公式ショップだけあって、お客が大勢居りました。


肉のブッチャー

 「頭痛が痛い」「日本に来日する」の様な重言っぽい感じだねと惹かれて看板を撮影しました。

 「肉のブッチャー」さんです。「肉の肉屋」ということになりますね。重言っぽい名前だけで無くフォントもイイ味出しています。促音も拗音も小さくなっていないことから、もしかしたら「肉のブツチヤー」さんなのかもしれません。

 そんなイイ味出した看板の「肉のブッチャー」さんなのですが

 なんとお肉屋さんではなく八百屋さんでした!

 このフェイントにはものすごく驚いてしまいました。また野菜は地べたに多く並べられており、まるで東南アジアの市場のようです。なお、お客さんは多く訪れておりまして完全に地元に根付いたお店と見受けられます。

 私も細かいことは気にせず、自分の性格を分かってくれる優しい人に囲まれて、穏やかに暮らしたいとしみじみ眺めてしまいました。


洋装の店 ロマン

 とてもイイ雰囲気の店構えで見入ってしまいました。

yosoroman

 「洋装の店 ロマン」さんとのことです。まずお名前が良いですね。そして日焼けして大分印刷が剥げてしまった中、ロマンの3文字が健在なところがとても良いです。

 ロマンは色褪せないのです!


オバチャンホンポ

 少し時間が出来たので、予てより気になっていた有名物件の確認に行って参りました。

obahon_01

 「オバチャンホンポ」さんです。ちょうど営業前を画像に収めることができました。看板には「BA・BAR」と謎の業態告知がされておりますが、実際の業態は熟女パブという位置づけのようです。

obahon_02

 縦看板です。快晴の空に映えてよりイイ味が出ていると思います。

obahon_03

 求人もしておりました。フロアレディーは25歳~ということです。しかし25歳でオバチャン扱いされるのは中々キツいものがあります。時給は1600円でした。

obahon_04

 私が何より気になったのは建物の構造です。「麻雀リーチ屋」さんという麻雀荘と「オバチャンホンポ」さんが同じ建物に同居しているようです。手前がオバチャンホンポ、奥が麻雀荘で、両サイドにオバチャンホンポの入口があり、真ん中に奥の麻雀荘へ続く入口があるということでしょうか。

 建物からして一筋縄ではいかないお店のようです。

 このブログをご覧の皆様も良いお年をお迎えください。


1 2 3 4 21