名前ネタ 一覧

げんきなお米屋さん

 一月も大分経ってしまいましたが、今年初の投稿ですので明るいものを。

 ババンと目に飛び込んできました。
jankenpon01
 「米のジャンケンポン」さんです。
 インパクト重視のお名前なのだと思いますが、この格助詞「の」の使い方は外国人留学生泣かせな気がします(笑)
 「げんきなお米屋さん」というキャッチフレーズもフォントもイイ味出していますね。

 お店はこのような感じです。
jankenpon02
 ちゃんとジャンケンのロゴをお使いのところが中々洒落ています。

 近くに同規模のお米屋さんがありましたが、思わず入ってみたくなるのはこちらのお店でして、良いご飯が食べられそうです。


ハイテク遊園

 先日「ゲームセンターって本当に少なくなったよね」という話を家族としたのですが、新規参入が少ない業種であるものの、その分イイ味を出したゲームセンターはまだ残っているようで、ちょっとここに挙げてみようと思います。
 先ず、「カーニバル」さんです。
games01
 「GAMES」の文字が薄れて寂しい感じがしますが、その分、色違いの文字や「バ」の濁点の星で楽しさを補っています。

 「ゲームJAL」さんです。
games02
 昔載せたエントリーのお店です。看板はまだ健在でした。どんな略称なんでしょうね。

 「ハイテク遊園 アポロ」さんです。
games03
 初見で「アポD」(アポディ)と読んでしまったのは内緒です。
 「ハイテク」という言葉は今やあまり使わなくなってしまい「ハイテク」も「遊園」も「アポロ」も昔風の単語となってしまった感がありますが、この名前で営業を続けていただきたいです。

 ゲームセンターは不良のたまり場になりやすいと疎まれた時期もあるかと思いますが、すっかり懐かしスポットになりつつありますね。

 このブログをご覧の皆様も良いお年をお迎えください。


超「高速そば」

 用事で神戸に行った折、昼食をどこで取ろうかという話になり行ってみました。阪急・阪神・神戸鉄道の接続駅、新開地駅構内にある「高速そば」さんです。
kosokusoba
 もともと神戸高速鉄道系列の駅そば屋さんのようですが、他の神戸高速鉄道の駅には存在せず、また接続している路線においては「阪急そば」「阪神そば」「山陽そば」の大勢力に囲まれるも、健気に慎ましく運営されているお店です。
 名前が気になって行ってみた訳ですが、何で「神高そば」にせず、「高速そば」にしたんでしょうね?

 お店の全景と券売機です。
kosokusobakosokusoba

 私が注文したきざみそばです。関西ならばうどんだと思いますが、折角店名に「そば」がつくのでそばを頼んでいます。
kosokusoba
 客が私たちしか居なかったこともあり注文から30秒くらいで出てきました。出汁は当たり前ですが関西風の出汁です。

 スケジュールを縫い、慌しく電車に乗って来店し、さっと提供されてさっと食べるという、まさに超「高速そば」でした。

 鉄道は経営統合が進みましたが、この「高速そば」という名前は残っていて欲しいものです。


舞蘭子

 スナック「舞蘭子」さんです。
buranko
 「舞」と「蘭」で華やかな漢字が並んでいますが、所謂レディースのような当て字になってしまっているのはご愛嬌でしょうか。

 撮影当初は遊具のブランコかと思っていたのですが、看板のスポンサーのお酒が「ARAC」で、
 「ARAC」 ⇒ 中東の蒸留酒「ARAK」 ⇒ 水割りすると白濁 ⇒ 白 ⇒「blanco」なのかと思えてきました。
 宝酒造さんの「ARAC」は飲んだことないのですが・・・。


ビバ

 気持ち良いくらいの簡潔さです。
snack_viva
 「スナック ビバ」さんとのことです。
 淡い紫とピンクのフォントと看板の汚れ具合が不釣合いで少し面白いですが、古くからあるお店なのでしょうね。フォントもイイ味出しています。

 そういえば日本で「ビバ」ってあまり聞かなくなりましたね。


1 2 3 4 5 6 7 21