飲食 一覧

ウズベキスタン料理

 ウズベキスタンで印象に残った食べ物を挙げていきます。

 まずは何と言っても「ナン」です。インドのナンとは違い、直径30センチくらいの丸いパンで、ウズベキスタンの主食です。
uzbekfood01uzbekfood02
 ナンは注文しなくても出てくるのですが、下手するとこれだけでお腹一杯になりますので、食べられそうに無い場合は躊躇せず断りましょう!また、バザールではこんな感じで売られています。
uzbekfood18

 ウズベキスタンの麺料理、「ラグマン」です。トマトベースの具沢山スープにラーメンのような麺が入っています。
uzbekfood03uzbekfood04
 同じものを中国の北西部でも食べたことがありまして、分布の広さを実感しながら色々な店で食べ比べました。
 また、炒めたラグマンもあります。これはソフト麺の様な麺でした。
uzbekfood05

 肉を串焼きにした料理、「シャシリク」です。カバブとかケバブとかと同じような料理でして、たまねぎスライスが付けあわせられます。
 羊肉が多かったものの、牛肉や鶏肉のものもありました。またレバーの串やつくねタイプの串もあります。
uzbekfood06uzbekfood07

 小さい肉まんのような料理、「マンティ」です。ネパールのモモみたいなものですね。ヨーグルトのソースをつけて食べます。
uzbekfood08

 マンティが肉まんならこちらは水餃子でしょうか、「チュチュヴァラ」です
uzbekfood15uzbekfood16

 野菜スープの「ショルーヴァ」です。トマト味以外のスープを食べたくなったときに頼みました。これも具沢山です。
uzbekfood09

 ピラフのような米料理、「プロフ」です。たまねぎ・にんじん・ヒヨコ豆・レーズンなどが入っていて、油っこさはあまり感じませんでしたが、それは私が炊きたてを狙って食べていたからかもしれません・・・。
uzbekfood10uzbekfood11
 プロフは大抵お昼前に一日分を炊くようでして、夜に食べる場合、夜炊いたもの以外は避けたほうがいいかもしれません。
 なお前出のナンはプロフを頼んでも付けあわせで出されます。米にパンって・・・。

 私の旅のお供として活躍した料理、「サムサ」です。羊肉のひき肉とたまねぎなどを炒めた具が入ったパンでして。揚げパンタイプのものがありましたが、私の好きなのはパイ生地タイプのものです。
uzbekfood12
 高さ1メートルくらいの釜に貼り付けるような形で焼かれます。
uzbekfood13uzbekfood14

 羊肉を多く食べてきたので、日本に帰ってきた今でもたまに羊肉が食べたくなったりします。


天下一品祭り 2009

 「10月1日は天下一品の日」とのことで、天下一品祭りに行ってきました。

 天下一品祭りののぼりです。
tenichimatsuri_1

 なんとなく、味がさねを頼んでみました。
tenichimatsuri_2

 本日限り配布の「ラーメン一杯無料券」です。
tenichimatsuri_3

 私はまったく並ばずに食べることができたのですが、私が店を出たら15人くらいの行列ができておりまして、そこを通りかかった関西出身と思われる方が「何やこの行列!京都でもこんな並ばへんでぇ」と言っていたのが印象的でした。


ここに並んだ大量のおつまみがすべておかずとして立ち上がってくる

 休日出勤の振り替えで会社を休めたため、午前中から飲むべく『孤独のグルメ』などでお馴染みの朝9時から飲める店、まるます家さんに行ってきました。
marumasuya
 かつて、新卒で入った会社を辞めたときに同じく午前中から行ったことがありまして、久々の来訪です。

 まずはビールとうなぎカブト串焼きです。
marumasuya
 ヒバロー族の干し首とかさらし首とかそんな言葉が思い浮かびますが、蒸してから焼いてありまして、そのまま食べられなかなかおいしいです。

 うなぎ気分だったので、バラ身ポン酢を頼みました。
marumasuya
 味も感触もたのしめる一品です。あっさりしています。

 次はこちらの名物メンチカツです。注文してから20分程かかるので最初に頼んでおります。
marumasuya
 前に訪れたときより50円値上げしていました。なぜでしょう・・・。

 最後はうなぎの白焼きで締めようとしたのですが、井之頭五郎と同じく思わず頼んでしまったうな丼です。「俺は回りの活気にあおられうな丼なんて頼んでしまった。」
marumasuya
 肝吸いなどもしっかりしていまして、かなりお得な一品です。

 常連さんにいろいろと話しかけられたり、今週号の「サンデー毎日」に載ったとのことでその記事を見せていただいたり、非常に楽しい飲みでした。お店の雰囲気も昔のままで居心地も良く、いつまでも変わらないで居てほしいです。
marumasuya

 次は誰か連れて行きましょうか。


ラーメンShow in Tokyo 2009

 駒沢公園で行われた東京オリンピック招致活動の一環としてのイベント、ラーメンShow in Tokyo 2009に行って参りました。
 悪天候にもかかわらず結構人出は多く、「みんなラーメンが好きなんだね~」と改めて実感しました。

 私の食べたラーメンはこちらです。
 まずは、「東池袋大勝軒」系列のカレーつけ麺です。
ramenshow_01ramenshow_02
 丁度、私たちのグループがラーメンを受け取っていたとき、山岸一雄さんが来られ、「いらっしゃいませ」と声をかけてもらいました。車椅子で来られてお身体が悪いにもかかわらず、あの笑顔は素敵です。

 次に「支那そばや」佐野実さんの呼びかけで有名店が集まった「佐野JAPAN」の醤油ラーメンです。
ramenshow_03ramenshow_04
 全店舗で最長の行列ができておりました。厨房では佐野さんを筆頭に有名店の店長さんがきびきびとラーメンを作っていらっしゃいました。かなり優しい醤油味で、今日食べた中では一番好きな味です。

 ご当地ラーメンブースから、青森、「長尾中華そば」の醤油ラーメンです。
ramenshow_05ramenshow_06
 煮干がマイルドに効いていました。

 若手ラーメン職人のコンテスト「NRA杯 バトプリ2009」(日本ラーメン協会杯 バトルプリンス・プリンセスの略とのこと)がやっており、本日提供されたバーベキューつけ麺です。
ramenshow_07ramenshow_08
 実はこのバーベキューつけ麺が優勝しています。バーベキューというよりはすき焼きのような味でしたが美味しかったです。

 下は同行者が食べた「九段斑鳩」「烈士洵名」のコラボ、五輪ラーメンです。
ramenshow_09
 あんかけラーメンとなっており、うずらの卵には金と書いてあります。

 下は同じく同行者の食べた「博多一風堂」「大文字」のコラボ、夢のラーメンです。
ramenshow_10
 中学生までの子供を対象にした「夢のラーメン絵画展」の入賞作品を元に作ったものとのことです。カレー味のスープに、オムレツ・ミートボール・エビフライ・ウインナー・チキンナゲット・ブロッコリー・プチトマトが載っています。「なんとも形容しがたい味だ」と同行者は言っておりました。
 博多一風堂の河原さんが接客をされていてちょっと驚きました。

 ラーメン協会主催とのことでラーメン界の錚々たるメンバー(有名店店長やラーメン評論家など)が一堂に会しており、また皆さん真面目に活動されていて、それを見るだけでも行った甲斐があったと思います。

 しかしさすがに4杯は無謀で、大分同行者に食べてもらいました。大人なんだから良く考えて行動しないといけません┐( ̄へ ̄)┌


かなまら祭 2009 おまけ

 前のエントリーのおまけ、お土産編です。


 川崎大師に近いためか飴のお店が沢山ありました。その中でも一番リアルな飴細工のお店を選んで、

kanamara2009_09kanamara2009_10

 何の躊躇も無くセットで買ってまいりました!1つ600円です。味は桃味や苺味では決して無く、ただの砂糖の味でしたが大満足です。

kanamara2009_11


 他には手ぬぐいのお店があり(店員さんが全員女性でした・・・。)これも何の躊躇も無く買ってまいりました!
 一枚1000円です。

kanamara2009_12kanamara2009_13


 神社が小さいので出店は少なかったのですが、他にも面白いお店ばかりでした。

 都合がつけばまた是非行きたいお祭です。


1 2 3 4 5 6 7