台湾に行ってきました。2019

 平成の終わりに台湾に行って参りました。

 母が「一度台湾に行ってみたい」と言っていたことから、長期連休の機会を活かしその希望を叶えるために母と妹と私で台湾旅行に出てみました。母と妹は初訪台だったのですがすっかり台湾の魅力に取り憑かれてしまい、最終日には揃って「帰りたくないー、また直ぐ来たいー」と言っております(笑)

 例によってまずは小ネタから。

 ・羽田空港と松山空港を利用したのですが、それぞれ出国手続きは空港到着後10分ほどで終えられました。ますます便利になってきておりますね。

 ・旅を通して私は全然雨に降られず各地を巡ることができました。しかし私の帰国直後はひどい雷雨だったようで・・・

 ・2日目の晩御飯を食べた家族経営のお店で何処から来たか聞かれ、日本からだと答えたら、店の手伝いをしていた中学生くらいの娘さんが日本贔屓だったらしく「まぁ、よく来てくれました」と手を叩いて喜んでくれました。こういう出会いは大事にしたく「是非日本に遊びに来てね」と伝えております。

 ・GW中ということで有名な観光地には多くの日本人観光客が居りまして、中国語を全く話せない方が感謝でも軽い謝罪でも挨拶でも相槌でも何でもかんでも「謝謝」で済ませようとするところに苦笑していたのですが、気がつくと母と妹もほぼ同じ様なことをしておりました(笑)

 ・美味しいものをたくさん食べたはずが体重は少し減っておりました。良く歩いたことが理由の1つだと思いますが、仕事中のダラダラとした間食は本当に良くないものだと異国の地で実感しております。

 ・今回もまたどこへ行っても本当に親切にされました。ストレス無く旅行できるのは台湾のとても良いところです。

 しばらくまた台湾ネタで更新します。


ひと手間かける心遣い

 この看板を見てすぐに思ったことは「『所』は無くても意味は通じるのでは?」でした。

 「駐車場所」とあります。字の大きさや間隔を見る限り、そして修正もされていないことから、私の思ったようなことは気にせずに初めから「駐車場所」と書く予定でそれを完遂されたように思えてきました。

 私の後ろから来た車は皆、これを見てちゃんと左折していきました。看板自体の効果は大いにありそうです。


港阪舞灘州遠

 大きなトレーラーのサイドに筆で書かれたような字体で中々迫力がありました。

 「港阪舞灘州遠」とあります。無理やり読むならば「こうさかまい なだしゅうえん」ですが、意外と語感は良いと思います。

 舞阪港には子供の頃に家族旅行で寄ったことがありまして、当時もすでに珍しかった行商のお婆様方が印象に残っております。


何握りやしょう?

 妙に印象に残ってしまった並びです。

 お寿司屋さんの看板の横にソフトクリームの看板が並んでいます。お持ち帰り寿司専門店でソフトクリームも売り始めましたよ、というものと思われます。ファミリー向けの回転寿司チェーンではデザートとして出すところもありそうですが、一般のお店では珍しいですね。

 いわゆる「お寿司の口」で来たお客さんに買ってもらい、尚且つ家にお寿司を持ち帰る前に食べてもらうわけですから、中々ハードルは高いものの面白い商品だと思いました。

 私は初見で「えっ、軍艦巻きの上に!?」と思ってしまっておりました。


ファッショナブルクリエーター

 中々味のあるキャッチフレーズとフォントです。

 「ファッショナブルクリエーター」とのことです。流行の(装いの)創造者ということでしょうか。

 キャッチフレーズとフォントに加え、シャツを持ちスーツを着たうさぎの珍キャラクター、カタカナ表記に混じった「高級和服京洗い」の存在、「冴た色!!」との送り仮名などもイイ味を出されており、私好みに総合点の高い看板です。

 しかし同時に、昔から町で信頼されている実直な感じのお店であろうことはひしひしと伝わってきます。


1 2 3 4 5 173