看板ネタ 一覧

若いママさんのいる店

 例によって突然私の目に飛び込んできた看板です。

 シンプルな色使いやとぼけた感じのフォントに似つかわしくない猛アピールです。まさか2006年の出来事ってことはないと思いますが、TBSに四回取り上げてもらったのがうれしかったのでしょうか?
 甚だ失礼だとは思いますが、私のそう長くない人生経験に照らし合わせても、ここのママさんは決して若くないと思います。こういう具体性がないわざわざの主張はねぇ~。自分に「さん」をつけているし、そもそも“ママさん”という単語が古臭い気がします。(例:ママさんコーラス・ママさんバレー) それより何で取り上げられたかを書くべきだと思うのですが・・・。

 そんなママさんのお店はどうやら喫茶店のようです。

 先ほどの看板は画像右側の勝手口に付けられたものだったわけですね。それにしても店に取り付けられた各種看板だけ見ていると何屋さんか分かりません。ワンダフル商会というのがイカしています。なんかわくわくしてきそうです。
 サービス精神が旺盛そうなところに好感が持てますので、ママさんには若さを保って頑張ってもらいたいです。


略して「スピハン」

 勢いをものすごく感じます。スピーディーな感じです。

 「スピハン」とはスピードハンコセンターの略であることを説明しているところがちょっとかわいいです。スピハンのフォントも、左端のスピードという強調も申し分なくイイ味出しています。

 良くある電話番号の語呂合わせですが、このお店では末尾2桁の85のみを使ってハンコと称しています。 皆様、あっけにとられてはいけません。これは「俺のスピードについてこれるかな?」という店側の挑戦状かもしれません。必死にくらいついていきましょう。
 24時間受付というのもすごいですね。夜中に急にどうしてもハンコが必要になったときはこちらにお願いしたいです。

 次のキャッチフレーズもイイ味出しています。配達ってどんな風にやってくれるんでしょう?

 ここまで看板を見てきましたが、店長さんはきっとサービス精神旺盛な方なのだと思います。

 なお丸Rマーク(Registration Symbol)がついておりましたので、商標登録されているのかと(本来はアメリカの規格なのですが)調べてみたところ、登録も申請もされておりませんでした。Σ( ̄□ ̄|||)ナ・ナ・ナ・ナント!!
 スピードの出しすぎで特許庁を通り過ぎてしまったのかもしれません。


3児制限に・・・

 道を歩いていたら、勢いよく目に飛び込んできました。

 「3児制限に・・・ 007スキン」とのことです。生々しさの排除に駄洒落少々という感じでしょうか。「大人のジョーク」といった類の古めかしい本に出てきそうな駄洒落です。でも1周回って(5周位?)むしろ新鮮な印象を受けますね。
 商品名も実にイイ味出していますが、なぜこの名前になったのでしょうか?ジェームズボンドはワルサーPPKでバンバン撃ち合っていたのに・・・。

 ところで実は私は3人兄弟なのですが、3人居てよかったと思います。


エキサイティング&バラエティーボックス

 ディスカウントショップと思しき店です。

 「イエローキャット」さんとのことです。いかにもディスカウントショップらしい看板で、「エキサイティング&バラエティーボックス」というよく考えるとあまり意味がわからないキャッチフレーズも勢いがあってイイ味出しています。

( ゚д゚)ハッ!

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚ Д゚) …?! ネコガキイロジャナイ

 店名に偽りありになってしまっています。看板の地の色を黄色にしてしまったので猫を赤で描かざるをえなかったのでしょうか?
 「ビデオテープが安い!!」というPRも年季を感じてイイ味に変化していますが、意外にここのお店は食料品(特に飲み物類)が安かったです。近所にほしいところです。


1 20 21 22 23