看板ネタ 一覧

でにすくえいど

 非常にイイ味を出している看板です。
vantagepoint.jpg
 映画『バンテージポイント』デニス・クエイドの似顔絵看板です。
 別に似顔絵が似ていないわけではないのですが(むしろ結構うまいと思う)イイ味に仕上がっているのは全体的なバランスからでしょうか。(背景色であったりフォントであったりデニス・クエイドの周りのぼやかし具合だったり肩回りだったり・・・)

 ちなみに私の中でデニス・クエイドはメグ・ライアンの元旦那という印象でしかなかったのですが、この映画は結構良かったです。


またね

 もつ焼きのお店の看板です。
motsuyaki.jpg

 豚が半被を着て、右前に何かの串を、左前「またね」という団扇を持っています。安易に人間のような手を描かず、ひづめに挟んでいるところがなかなか面白いです。
 入口にかけられている看板なのに「またね」と書くのは変わっているため、串に変わった仲間への別れの言葉なのかとも思いましたが、豚さんがすごく爽やかな笑顔であることからきっと違うのでしょうね。 しかし、何に対しての「またね」なのでしょうか。謎は深まるばかりです。

 もつ焼きは最近好きになって来ました。歳を経るごとに食べ物の好みは変わります。


銭でっせ!!


 ホステス(キャバ嬢?)募集の看板です。
 「銭・銭・銭・・・ 世の中、銭でっせ!!」と言い切っていました。(非関西地区なのですが・・・。) 現在風邪をひいていることもあり、貪欲な姿勢は少々羨ましくも感じてしまいます。
 「ローンでこまっている貴女」との呼びかけの直後に「世界一周旅行をしたい貴女」というポジティブな呼びかけを持ってくるところもさすがです。何人もの方をスカウトしてきたのでしょう。

 この看板はお店の入口にデカデカと掲げられているところが斬新でした。なんと専用ライトもついていまして、夜になったらライトアップされると思われます。

 「わしゃ、金づるか。」と嘆くお客さんが居ないかというところが疑問です。あとこれを見て蒲郡風太郎を連想した人は私の他に何人いるのでしょう?


安っぽい時間の使い方


 「あなたのティータイムがやすい!」のだそうです。「お値打ち価格でティータイムに必要なものを揃えることができる」という意味だとは思いますけど、ちょっと論理の飛躍にはびっくりしました。
 インパクトは結構ありますがコーヒーもお茶も嗜好品ですし、看板の効果はあるのでしょうか? 「まぁっ何ですって!余計なお世話よ。」と三角メガネをずりあげて怒るご婦人は居なかったでしょうか?(ベタ)

 ところで先日、お付き合いで超有名ホテルのチーズケーキというものを(通販で)購入したのですが、配送日時は間違えられるは、問い合わせても返事は全くないは、ようやく着いた肝心のケーキも絶賛されている割にガッカリの内容だは・・・で大いに脱力してしまったという出来事がありまして、それはまさにチープなティータイムでした。オトナのお付き合いはいろいろと大変です。


オニカイへどうぞ

 何気に丁寧語ですし、店主の方の人の良さをそこはかとなく感じます。
onikai
 「オニカイへどうぞ」とあります。
 当然、「お二階へどうぞ」ということだと思いますが、何で接頭辞を含めてわざわざカタカナ表記にしたのでしょうか?もしかしたら「ニ」は漢数字なのでしょうか?・・・疑問は尽きません。
 日本語は表記も多岐に渡り難しいですね。

 何屋さんなのかは確認しなかったのですが、アサヒビールと書かれた営業中の札が下げられていることから居酒屋さん系なのだと思われます。(しかし一階も中華料理店でアサヒビールを扱う可能性高し。これまたややこしい・・・。)
 しかし私が安易に考えているだけで、もしかしたらオニカイ鬼会なのかも知れません。(嘘)

 手作り感溢れる看板で非常にイイ味出していると思いました。


1 22 23 24 25 26 27