誤字ネタ 一覧

岡ビル百貨店 キッチンこも

 予てより行きたい行きたいと思っていた名鉄東岡崎駅の「岡ビル百貨店」さんに遂に行って参りました。

 「岡ビル百貨店」さんの中でも、3階にある「キッチンこも」さんで食事をするのが今回の目的です。

 3階は「キッチンこも」さん以外に店舗が存在せずガランとしております。

 入口です。情報過多な感じがしますが、この手のタイプは大抵サービス精神の旺盛さが溢れ出てしまったものであるため期待に胸が高まります。「スパゲッチの店」「スパゲッチマカロニの店」の表記から、お店の名前はイタリア北部の街「コモ」から取ったのでしょうか。

 その過多な情報の中でも、手作りであることは前面に押し出しております。

 「キッチンこも」さんは老夫婦がお二人で営んでおりまして、入店時の「いらっしゃいませ」の言葉が優しかったです。

 カウンターです。カウンターとテーブル席があるのですがテーブル席の方は私達の入店後すぐに埋まりました。ガランとした3階の雰囲気から想像していたのとは違い、中々の人気店のようです。

 メニューです。私はこの中から入口のプレートの最初に掲げられていた「カニコロッケ ハンバーグ ライス付」を注文しております。

 実物です。お皿に可愛らしく店名が書いてあります。料理はカニコロッケがカラッと揚がっており、ハンバーグと共にソースとの相性も良く、これまた想像以上に美味しかったです。お客が多いのも分かります。

 窓に貼られた注意書きです。老夫婦を困らせてはいけません。

 レジです。「古いお店あるある」ですが算盤が置いてありました。

 カウンターなどを撮影させていただいたお礼とともに「美味しかったです!」と感想を言った際、笑顔で「おや、ありがとうございますー」と返してくださった奥様のリアクションがまた可愛らしかったです。

 3階上がってすぐにある衝立です。「お美味しい」と「アイティー」の間違いがイイ味出しています。

 「岡ビル百貨店」はここ数年、解体の噂が何度も流れておりますが、健在であることのアピールがありちょっとうれしくなりました。

 遠くから行った甲斐のある満足行く来訪でした。


goob buy

 それは町内会の掲示板に書かれておりました。

 「goob buy」とのことです。流れるように書かれているのがポイント高いです。

 あと町内会の方々はこのメッセージを消すわけでもなく、掲示物もメッセージを避けるように貼っているところが味わい深いところです。

 撮影後、心の中で「Goodbye」とつぶやいてこの場を立ち去りました。


折角の駄洒落が・・・

 商店街の福引コーナーの様でした。
rababara
 「ドキドキ薇薔バラ抽選会場」とあります。「薔薇」「バラバラ」を掛けようとしたのだと思われますが、A4用紙に一字ずつ印字した紙をまとめる際に、順序を間違えてしまったようです。ああ、折角の駄洒落が・・・

 ちなみに「ドキドキ」は濁点のつかない「ハラハラ」と結びつけ、「ハラハラドキドキ」とするのが一般的では?と思ったことは内緒です。

 でもこの手作り感が商店街っぽくて良いなと思いました。


ジャメメミシン

 年季の入った手描きの「町の案内図」にありました。
jyameme
 「ジャメメミシン」の支店とのことです。
 おそらく「ジャノメミシン」の間違いだと思いますが、「ノ」の存在を全く意識していない、迷いの無い文字入れです。
 今には無い体系の電話番号といい、お隣の「志きしま」さん・「桐屋」さんといい、全体的にイイ味出しています。

 この後一日、「ジャメメ」が妙に頭に残って大変でした。
 


カーペシト大処分

 なかなかカラフルな「カーペシト大処分」との告知です。
gyoshae
 色紙を切り抜いて貼っており、手作り感溢れるフォントがイイ味出しています。「オーダーカーテン」の文字の配置に苦心の跡がみられるところが少々かわいらしいです。

 冒頭の「カーペシト」は言うまでもなく「カーペット」のことを指しているのだと思いますが、「シ」と「ツ」の点の置きかたの癖は一度付いてしまうと直すのが難しいみたいですね・・・。


1 2 3