右読み 一覧

港阪舞灘州遠

 大きなトレーラーのサイドに筆で書かれたような字体で中々迫力がありました。

 「港阪舞灘州遠」とあります。無理やり読むならば「こうさかまい なだしゅうえん」ですが、意外と語感は良いと思います。

 舞阪港には子供の頃に家族旅行で寄ったことがありまして、当時もすでに珍しかった行商のお婆様方が印象に残っております。


焼子玉

 初めて見る屋台でした。

 日没後に撮影したため少々見づらくなっておりますが「焼子玉」とのことです。思わず「尻子玉」の事を考えてしまいました。

 この屋台で売る物は厚焼き玉子・だし巻き玉子の類や明石焼ではなく、いわゆるベビーカステラでした。方言は面白いです。「り入ータバ・ツミチハ」との説明もイイ味出しています。


ンメーライタ

 お客さんがたくさん集まっている屋台でした。

 「ンメーライタ」とあります。カラフルな表記で且つ手書きである所にイイ味が出ています。

 こちらはタイ風ラーメンを扱っているお店で、画像は「タイラーメン」の右読みなわけですが、正面の表記と比べてタイ文字で書かれたものも右から左へ書き直しております。その細部に至るこだわりが味にも反映され、お客を呼んでいるのかもしれません。


車診検病慣習活生

 車の大きさに比べて、控えめなサイズの右読み文字列です。

 「車診検病慣習活生」とあります。

 無理矢理に「車の診断をしたり病気を検査したりすることが慣習となり活き活きと生きられる・・・」となんとなく話が作れそうですが、実際のところはレントゲン車なのだと思われます。

 レントゲン車に右読みの告知や宣言は必要なのだろうかと思いながら撮影したのですが、これを提案した方はきっと真面目な方なのでしょうね。


グンィフール島田

 颯爽と走っているところを撮影しています。

 車体には「(株)グンィフール島田 印星三」とありました。その内、「グンィフール」についてはフォントもイイ味出しています。

 軍医のフール島田さんがパッチ・アダムスばりに子供におどけてみせる図が思い浮かびました(嘘)


1 2 3 4 7