右読み 一覧

キーテスンキチ

 もう一つ右読みシリーズです。
kitesunkichi
 「キーテスンキチ」とあります。
 
 これも「来ーて!すん吉」と何か物語性のあるもののようにも読めますね。
 私の中では、すん吉さんはひょろ長い顔で貧乏だけど真面目で正直なお百姓さんといったイメージです。

 冗談はさておき、最近のお祭りの屋台ではチキンステーキなども売るのかとバリエーションの広がりに少々驚きました。


スクィテスジロ・イケ

 大型のトラックが街道を颯爽と駆け抜けていきました。
scitsigol
 車体には「スクィテスジロ・イケ」とあります。
 フォントもしっかりしていて、腕の良い業者さんによる塗装やシートの貼り付けと思われますが、右読みはやり難くはなかったのでしょうか。

 「救い手す次郎、行け」と何か物語性のあるもののようにも読めますね。
 村を救うために長老に指名され、次郎さんが決意を持って旅立つところです(嘘)


スビーサ・プイパ

 白地に赤で中々目立っておりました。
pipeservice
 「スビーサ・プイパ」とあります。そんな名前の方が世界を探したら居るのかもしれないな~と思いながら撮影しております。
 配管工事の会社なのでしょうか。パイプ・サービスというお名前も色々と想像力を掻き立てるものがあります。


トルフクンラフ

 お次もお祭りの屋台からです。
torukufunrafu
 「トルフクンラフ」とのことです。とにかく強そうな感じの名前の響きです。

 こちらの屋台も大人気で、親子連れの方々で列を成していました。私なんかはソーセージでも香腸でも腸詰肉の類は、ビール(か、パンとレタス)がないと食べられないのですが、なくてもガツガツ食べる子供たちがちょっと眩しく見えました。


汁んと

 お次もお祭りの屋台からです。
shirunto
 ババーンと目に飛び込んできました。「汁んと」とあります。余分なオーナメントのない看板とフォントがなんともイイ味出しています。アクセントはどこに置いたら良いのでしょう?

 しかしお祭りイベントの軽食で、家庭料理っぽいものが並ぶというのは良いフェイントです。参加者の疲れた胃にポイント高いと思われます。いやむしろ、焼きそばやフランクフルトなどを食べた後、自宅で晩御飯を食べる間のターニングポイントかもしれません。
 他所での作り置きやインスタントでなく、ちゃんと作っているところが良いですね。アシスタントは付けず、お一人で切り盛りされておりました。七味などのコンディメントもとい、薬味もきちんと添えられ、マネージメントはバッチリです。
 クライアントもとい、お客はそこそこ途切れず続いておりました。カウントしたら結構良い数になると思います。

 小さい子供が洗顔するかのように、器に顔をうんと近づけてガツガツと食べておりました。イノセントな感じですね~。ペアレントもとい、親御さんの見守る暖かい目線にジーンときました。
 食べ方はちょっとコントのようですが、この子はたんと食べて、ぐんと大きくなる気がします。前途有望です。♪どんと行けぇ~


1 2 3 4 5 6 7