右読み 一覧

養老ランド おまけ

 ロボット21号さん以外にも養老ランドはイイ味の設備がたくさんありまして、一部をご紹介して参ります。

yoroland01

yoroland03yoroland04

yoroland06yoroland08

yoroland05yoroland02

yoroland07

yoroland09yoroland10

 係員さんも皆さん挨拶がさわやかで、休憩所でビールを飲みだらだらしていた私たちにも優しくとても感じの良い遊園地でした。
 全体的に素朴な感じのところがとても好きです。

 私が子供時代・学生時代を過ごした地域の遊園地は軒並み閉園してしまっているのですが、いつまでも頑張って欲しいものです。


めあごんり

 破壊力がありそうです。
meagonri
 「めあごんり」とのことです。呪文っぽいですね。赤地に緑で縁取った白のフォントが迫力あります。

 ちょうど営業前の撮影で商品も並んで居らず寂しい感じだったのですが、妙に頭に残って「めあごんり・・・めあごんり・・・」とずっと脳内ループしていました。


プイパルーニビタボク

 なんとなくインドネシア風に感じてしまいました。
bitaboku
 「プイパルーニビタボク」と書いてあります。
 勝手に「プイパルーニ・ビタボク」と区切って読んでしまいましたが、どちらをググッても私の投稿時点では何も有意なものは出ませんでした(笑)

 ちなみにこのトラックは複数台ありまして、並ぶと中々壮観です。


キーテスンキチ

 もう一つ右読みシリーズです。
kitesunkichi
 「キーテスンキチ」とあります。
 
 これも「来ーて!すん吉」と何か物語性のあるもののようにも読めますね。
 私の中では、すん吉さんはひょろ長い顔で貧乏だけど真面目で正直なお百姓さんといったイメージです。

 冗談はさておき、最近のお祭りの屋台ではチキンステーキなども売るのかとバリエーションの広がりに少々驚きました。


スクィテスジロ・イケ

 大型のトラックが街道を颯爽と駆け抜けていきました。
scitsigol
 車体には「スクィテスジロ・イケ」とあります。
 フォントもしっかりしていて、腕の良い業者さんによる塗装やシートの貼り付けと思われますが、右読みはやり難くはなかったのでしょうか。

 「救い手す次郎、行け」と何か物語性のあるもののようにも読めますね。
 村を救うために長老に指名され、次郎さんが決意を持って旅立つところです(嘘)


1 2 3 4 5 6 7