海外旅行 一覧

スオイティエン公園 その1

 長らく憧れの場所であったホーチミン9区のスオイティエン公園に行って参りました。「スオイティエン」とは「妖精の泉」の意味です。日本ではスイティエン公園と紹介されていることも多いですが、それは南部方言に合わせた表記でして、より現地に近い呼び方となります。しかしどちらでも通じますのでご安心を。

 スオイティエン公園へは地下鉄工事で移転中のベンタインバスターミナルから19番バスで行くのが便利です。45分くらいで着き、料金はなんと6,000ドン(日本円で約30円)でした。公園の入場料は大人120,000ドン(600円)・子供60,000ドン(300円)です。入場料は年々上がっているようですね。

 このスオイティエン公園を一言で表現すると「仏教系の遊園地」なのですが、サービス精神がとても旺盛で、色々イイ味出した施設や像をどんどん付け足していってカオスな感じを生み出しております。「サービス精神旺盛施設あるある」ですね。

 入って直ぐは土足禁止の祠などもあり仏教色の強い建造物ばかりでしたが・・・

そこを抜けると一気に遊園地となります。中でもベトナム人の祖先とされる伝説上の人物、貉龍君と嫗姫が見守る形のプールである「ビエンティエンドン」(ティエンドン・ビーチ)が一番有名で一番人気の様です。因みにティエンドンとは「仙童」の意味です。

 こちらに入るには別途入場料(大人100,000ドン(500円)・子供60,000ドン(300円))が必要ですが、「仙童」の名に相応しく次々と小中学生と思しき子供達が引率の先生に連れられ入ってきます。団体割引で大分安くなるのでしょうね。

 レンタル水着や替えの下着の販売などもありました。

 その他、「ティエンドン・ビーチ」の画像・動画をどうぞ・・・

 私がこのスオイティエン公園に行った時はワニ釣堀やセグウェイ乗り場等の施設が休業となってしまっていたのですが、面白いキャラクターにはたくさん出会えました。次はそんな面白キャラ達をご紹介したく思います。


ベトナムに行ってきました。2018

 ベトナムに行って参りました。7年ぶりとなります。早いものですね。

 今回はホーチミン ⇒ ビエンホア ⇒ ブンタウ ⇒ ホーチミンと巡っております。

 例によって小ネタから

・家を出発した時は季節はずれの雪でものすごく寒かったのですが、ホーチミンに着いたら熱帯夜でした。

・現地でSIMを購入して入れ替え、ポケモンGOを立ち上げたら、最初に出現・捕獲できたポケモンは南国限定の「サニーゴ」でした。なお南アジア限定の「コータス」も捕獲しております。

・乗っていた路線バスが故障し、後から来たバスに乗り換えるという事態に遭遇しました。
・物価は大分上がっていました。しかし屋台や路上販売の飲食物は余り変化ありません。

 行きたい場所に行け、会いたい人に会え、中々充実した旅行でした。しばらくベトナムかぶれで更新して参ります。


部長の専売店

 もう1つおまけで上海のネタを・・・。こんなお店がありました。

 「部長の専売店」とのことです。何で部長が専売制を敷いているのでしょうね(笑)なお全容はこちら。

 イートインもあるパン屋さんのようでした。其処彼処にくまモンが飾られております。上海ではしばらく前からくまモンが人気のようでして、こんなお店もありました。

 「熊本の美食小站」とのことです。必死にくまモン人気にあやかろうとしている所にいじらしさすら感じます。

 ちなみに、上海ではちゃんとくまモンの公式ショップも存在しております。

 さすがに公式ショップだけあって、お客が大勢居りました。


上海(と杭州)旅行2017 おまけ

 上海・杭州旅行のおまけです。

 上海から杭州までは高速鉄道を使ったのですが、上海虹橋駅は空港の様な造りと人混みで圧倒されました。

 私はパスポートをホテルに忘れ、乗るはずの便に乗れなかったのですが、発車後でも払い戻しが出来ました。2割の手数料は取られますが良心的です。

 日本に戻って直ぐ、中国高速鉄道が大幅な赤字であるニュースが出て、そのタイムリーさにびっくりしました。

 日本のアニメ風のパッケージで話題となったコーヒー牛乳飲料「NIJIGEN」を飲みました。光明のコンビニ(ややマイナー)や売店に置いてあります。味は日本人には違和感の無いコーヒー牛乳です。

 友人が予約を取ってくれたお店のコースで蛇が出てきました。

 蛇を食べるのは本当に久々だったのですが美味しかったです。うろこは取り除いてあったものの皮が堅くて難儀しました。

 ちょうど旅行後から極端な中国礼賛・批判記事が多く話題になり、個人的に色々と面白かったのですが、今の中国にある全体的な勢いについては羨ましいと感じています。

 この旅行では現代中国も古き良き中国も見ることが出来て良かったです。次に行く時も面白い国であって欲しいと思います。


2017年のWindows XP

 前のエントリーは「現代中国の技術」という趣きのものでしたが、本エントリーはちょっと昔の技術についてです。

 お金を下ろそうと中国の老舗銀行である中国銀行のATMに行ったのですが、向かって右側の画面がメンテナンス中となっておりまして、覗き込んでみたところ・・・

 OS がWindows XPでした。サポートが切れて3年以上経ちますが、セキュリティの問題はさて置き、まだまだ現役で頑張っているところが微笑ましいと図らずも思ってしまいました。ちなみにお金は問題なく下ろせました。

 別のところで見た同じく中国銀行の両替機です。これまた画面を覗き込んでみたところ・・・

 日本人向けに「ご用いる言語を選んでください」とありました。

 長年この言葉で案内していたのだなぁと考えるとこれも微笑ましいと思えてきました。


1 2 3 4 5 6 23