懐かしネタ 一覧

岡ビル百貨店 キッチンこも

 予てより行きたい行きたいと思っていた名鉄東岡崎駅の「岡ビル百貨店」さんに遂に行って参りました。

 「岡ビル百貨店」さんの中でも、3階にある「キッチンこも」さんで食事をするのが今回の目的です。

 3階は「キッチンこも」さん以外に店舗が存在せずガランとしております。

 入口です。情報過多な感じがしますが、この手のタイプは大抵サービス精神の旺盛さが溢れ出てしまったものであるため期待に胸が高まります。「スパゲッチの店」「スパゲッチマカロニの店」の表記から、お店の名前はイタリア北部の街「コモ」から取ったのでしょうか。

 その過多な情報の中でも、手作りであることは前面に押し出しております。

 「キッチンこも」さんは老夫婦がお二人で営んでおりまして、入店時の「いらっしゃいませ」の言葉が優しかったです。

 カウンターです。カウンターとテーブル席があるのですがテーブル席の方は私達の入店後すぐに埋まりました。ガランとした3階の雰囲気から想像していたのとは違い、中々の人気店のようです。

 メニューです。私はこの中から入口のプレートの最初に掲げられていた「カニコロッケ ハンバーグ ライス付」を注文しております。

 実物です。お皿に可愛らしく店名が書いてあります。料理はカニコロッケがカラッと揚がっており、ハンバーグと共にソースとの相性も良く、これまた想像以上に美味しかったです。お客が多いのも分かります。

 窓に貼られた注意書きです。老夫婦を困らせてはいけません。

 レジです。「古いお店あるある」ですが算盤が置いてありました。

 カウンターなどを撮影させていただいたお礼とともに「美味しかったです!」と感想を言った際、笑顔で「おや、ありがとうございますー」と返してくださった奥様のリアクションがまた可愛らしかったです。

 3階上がってすぐにある衝立です。「お美味しい」と「アイティー」の間違いがイイ味出しています。

 「岡ビル百貨店」はここ数年、解体の噂が何度も流れておりますが、健在であることのアピールがありちょっとうれしくなりました。

 遠くから行った甲斐のある満足行く来訪でした。


ハトヤホテルの円形通路

 私の中で長年憧れの場所であった「ハトヤホテル」さんに先日行って参りました。実は子供の頃に一回行った事があるようなのですが、物心つく前で全く覚えておりません。

 私が何に憧れていたかと言いますと、こちらの「円形通路」です。「昭和の時代に考えられた『近未来感』」溢れる雰囲気がとにかく素晴らしいです。

 ハトヤホテルさんの宿泊レビューは他の旅ブログや旅行サイトにお任せして、私はこの「円形通路」のみを語りたく思います。

 「円形通路」は本館と新館とを繋ぐ空中回廊の渡り廊下です。1970年に出来たそうで今年で47年となりますね。フロントからロビーを抜けて渡ります。

 新館・本館とはこのように繋がっています。

 サイドについた窓は眼のような形でして、看板やハトヤ消防隊の消防車も見られます。

 夜はこのようにとてもムーディーな雰囲気となります。

 昼は上面に波の様な模様が現れます。私はこの昼の「円形通路」が好きです。

 掃除も念入りに行われていて壁やじゅうたんに傷みもなく、手入れが行き届いております。

 私はチェックインしてから昼・夜・朝と何度も何度も雰囲気を味わいながら歩いてしまいました。最後に早朝、往復で歩いてみた動画です。

 これから旅行に良いシーズンとなって参ります。温泉や海水浴で伊東に行かれた際は是非ハトヤホテルさんの「円形通路」の雰囲気を楽しんでみてください。


野方文化マーケット

 最後はこちら、「野方文化マーケット」さんです。「文化」とつけるところが文化包丁・文化住宅・文化鍋などを思い起こさせる昭和風ですね。

bunkamarket01

 イイ味の入口を入ってすぐと、上を見上げたところです。

bunkamarket02bunkamarket03

 入口を見返したところです。

bunkamarket04

 野方文化マーケットはUの字になっていまして、一番奥を折り返したところです。

bunkamarket05

 もう一方の出入口です。

bunkamarket06

 こちらはやはり商店街の中にある小売市場なのですが、完全に商店街に馴染んでおりました。奥のお店は閉まっていたものの、入口付近のお店は現役で頑張っていらっしゃいまして、まだまだ続いて欲しいなぁと思っております。


昭和マーケット

 お次は川崎大師に行った際に見つけたこちら・・・

showamarket01

 「昭和マーケット」さんです。昭和22年(1947年)に出来たマーケットとのことです。因みにこちら「昭和」の時代に造られましたが「昭和」という地区にありまして、直接は地名から取った名前かと思われます。

 例によってとてもイイ味のフォントです。特に「マーケット」の文字の並びが私は好きです。

 入ってすぐに駐車禁止の看板がありました。

showamarket07

 中のお店の一部です。残念ながら私は非営業日にやってきてしまったようです。

showamarket02showamarket03

showamarket04showamarket05

 見上げるとアーケードがイイ味を出していました。

showamarket06

 反対側の入口です。

showamarket08

 看板は統一感が保持されておりました。ちょっとうれしかったです。なおこの看板は今もとても印象に残っておりまして、ミニチュアやブローチが欲しいなぁと密かに思っております。


秋津駅前ストアー

 イイ味を出した「マーケット」をたまたま立て続けに訪ねまして、ご紹介して参ります。ちなみにこの度取り上げる「マーケット」は所謂「スーパーマーケット」ではなく小売店が集合した小規模な「小売市場」です。

 まずは「秋津駅前ストアー」さんです。

akitsuekimae01akitsuekimae02

 何度も上書きされた看板が時代を感じさせてくれ、またイイ味が出ています。中でも「洋品の店 エリート」さんからの「肉の・・・丸福」さん「靴の・・・ダイヤ」さんの溜めた紹介が並んでいる流れが面白いです。

akitsuekimae03

 入口と中央通路に入ってみたところです。

akitsuekimae04akitsuekimae05

 建物の反対側と反対側から中央通路に入ってみたところです。

akitsuekimae06akitsuekimae07

 お店は駅側の雑貨屋さんと逆側の「鳥肉専門店 鳥孝」さんのみが営業しているようです。2軒のみと寂しい感はありますが、鳥孝さんには次から次へとお客が来ていました。焼き鳥をはじめとしたお惣菜に人気があるようで、「こんにちはー、家族で来ちゃったよー」と挨拶をされていたご家族連れが印象的でした。

akitsuekimae08

 私はこの後に用事があって残念ながら購入できなかったのですが、次に来る時はこちらで焼き鳥を購入し、家でのんびりビールをお供に食べたいです。

 「秋津駅前ストアー」は現役の人気店を擁するイイ味のマーケットでした。


1 2 3 4