キッチリ勝ってくれました!

 正直負ける気があまりしなかったのですが、やはりキッチリ勝ってくれました。
 カンプノウ クラシコの結果です。

バルセロナ 2-0 レアル・マドリー

開始時フォーメーション
       エトー       
アンリ          メッシ
  グジョンセン   チャビ  
     トゥーレ・ヤヤ     
アビダル     D・アウヴェス
   プジョール マルケス  
      バルデス      

交代:セルジ・ブスケツ(グジョンセン 64分)
   フレブ(エトー 88分)
   セイドゥ・ケイタ(チャビ 90分)

得点:エトー 83分
   メッシ 90分
   (69分 エトーPK失敗・・・。)

 ゲーム内容としては終始押していたものの、エトーのPK失敗直後はさすがに「今日は引き分けか?」と思ってしまいました。すみません。でも、あんなに調子の悪かったマドリーがかなりの粘りを見せまして・・・、やはりクラシコは特殊な試合ですね~。

メッシ:今日もキレキレでした。いつもありがとうございます。怪我だけは気をつけてください。
バルデス:ドレンテとミゲル・パランカとの1対1をそれぞれ止めてくれました。特に前者はこの試合のキーポイントだったと思います。
エトー:結果オーライということで(笑) でも安定していて頼りになります。
ダニエウ・アウヴェス:ドレンテへのチェイスは軽くて不安でした・・・。守備は苦手ですな。
プジョール:1点目のアシスト後、エトーに祝福に行かず、その場にヘッドスライディングして喜びを表現していたのは、彼らしくへんな方向にお茶目な感じが出ていてちょっと笑えました。
フレブ:まだ出場時間は短いのですが、出ると決定的な仕事をしてくれます。今日もメッシの得点につながるアンリへのパスがきれいでした。
グジョンセン:信藤さんが後半のキーパーソンに挙げ、奥寺さんと久保田アナが絶賛した直後に交代となってしまいました。orz
ボージャン:試合には出ませんでしたが、エトーは得点時、まず彼に抱きつきました。最年少だけあってチームメイトから愛されていますなぁ。

カシージャス:バルデスも良かったですが、それ以上にすごかったです。もう何年もマドリーのベストプレイヤーですね。
カンナバーロ:今日はそんなに悪くなかったと思いますが、メッシのループシュートを弾こうとして、ポストに激突したところはトムとジェリーの一場面のようでした・・・。
ミゲル・パランカ:結構いい選手だと思いました。監督が変わって良かったですね。
ドレンテ:今日はマッチアップの相手がダニエウ・アウヴェスだったので効果的だったと思いました。

 マドリーは監督が変わって気分が一新したのか粘りを見せてくれました。やりくり上手なファンデ・ラモスが就任したので今後どこまで復調するのかちょっと楽しみです。でも、リーグ優勝はほぼ決定ですな。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。