オニカイへどうぞ

 何気に丁寧語ですし、店主の方の人の良さをそこはかとなく感じます。
onikai
 「オニカイへどうぞ」とあります。
 当然、「お二階へどうぞ」ということだと思いますが、何で接頭辞を含めてわざわざカタカナ表記にしたのでしょうか?もしかしたら「ニ」は漢数字なのでしょうか?・・・疑問は尽きません。
 日本語は表記も多岐に渡り難しいですね。

 何屋さんなのかは確認しなかったのですが、アサヒビールと書かれた営業中の札が下げられていることから居酒屋さん系なのだと思われます。(しかし一階も中華料理店でアサヒビールを扱う可能性高し。これまたややこしい・・・。)
 しかし私が安易に考えているだけで、もしかしたらオニカイ鬼会なのかも知れません。(嘘)

 手作り感溢れる看板で非常にイイ味出していると思いました。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。