光栄軒の特盛炒飯

 会社で隣の席の後輩がかなりの大食いであることが判明し、前々から一度生で見てみたいと思っていた特大サイズの炒飯に挑戦してもらうべく、先日、荒川区役所近くの光栄軒さんに行って参りました。

koeiken_1

 昼時の混雑を避け14時位に店に着いたのですが、この時間でも大賑わいで15分ほど店外で待ちました。
 忙しい店員さんに代わって、席への案内や水のサーブ等はなんと同じく注文待ちの常連さんが対応されていました。アットホームで素敵です。

 私は炒飯の並盛を、後輩は炒飯の特盛を、そして「ここまで来て炒飯だけでは寂しいです」という後輩のために鶏の唐揚げを注文しております。

 まずは鶏の唐揚げ(550円)です。

koeiken_7

 家庭の食卓に出てきそうな量ですが、これで一人前です。
 長ネギをまぶして揚げており、香ばしくて美味しかったです。すぐにビールが欲しくなりましたが、この後にやってくる炒飯のためにぐっと我慢です。

 私が頼んだ炒飯並盛(550円)です。

koeiken_3koeiken_4

 蓮華の大きさとの比較で推測できると思いますが、他店では完全に大盛りの量です。この値段でこの量のため、雑なつくりではないかと一瞬不安がよぎったものの、お米は油っぽくなくパラッとしており、角切りのチャーシューがゴロゴロ入っており、薄めの味つけで不健康な感じもなく、この抜群のコストパフォーマンスに文句のつけようがありません。

 思わず「こんな値段で提供いただいて逆にすみません」と言いたくなるくらいの一品です。

 「母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね? ええ、夏、碓氷から霧積へ行く道で、渓谷に落としたあの麦わら帽子ですよ。 母さん、あれは好きな帽子でしたよ。」

koeiken_5

 後輩の頼んだ炒飯特盛(750円)です・・・。後輩が「ええー?!」っと軽くつぶやいている前で、西條八十の名作「帽子」の冒頭を思い出しておりました。

 私の並盛との比較です。200円の違いで倍以上と思われる増量です。

koeiken_6

 公称値としては並盛が2.5合、特盛が5合とのことです。

 後輩は持ち前の真面目さを発揮して一心不乱に炒飯と格闘し、私が食べ終わった5分後くらいには食べ終えておりました。「ケーキくらいならまだなんとか大丈夫です」などと言っておりましたが、私は翌日の昼までコーヒーとお茶しか口にしていません・・・。

 なお、テーブルには炒飯に対してのお店のメッセージが添えられておりました。

koeiken_2

不景気だけど気持ちだけは負けずにがんばろう きっとよくなるさ そんなあなたを応援します!!

 泣かせるメッセージです・・・。
 炒飯だけでなくその他のメニューもボリュームがあり美味しそうでした。個人的には焼きそばに惹かれております。

 いつまでも庶民の応援団として頑張ってください!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。