ベルナベウで2-6

 なんと敵地ベルナベウでのクラシコで6点取ってくれましたヽ(*´∀`)ノ
 正直言って試合前から負ける気は全くしていなかったのですが、ここ2試合引き分けが続いていてちょっと嫌な雰囲気はありました。イグアインに先制点を入れられたときはどうなることかと思いましたが、ここまで痛快な逆転劇を演じてくれるとは・・・ちょっとでも疑ってしまってすみません(つД`)

 良くやってくれた選手達とそのフォーメーション及び得点者は以下のとおりです。
       エトー       
アンリ           メッシ
 イニエスタ      チャビ  
       ヤヤ       
アビダル         アウベス
   プジョール  ピケ     
      バルデス       

得点:アンリ(18分・58分)・プジョール(20分)・
    メッシ(35分・75分)・ピケ(83分)
交代:ケイタ(←アンリ61分)・ボージャン(←イニエスタ85分)・
    ブスケ(←ヤヤ85分)

以下、寸評です。
アンリ:チェルシー戦で首を痛めてベンチスタートか?と言われていたので、スタメン発表されたときは驚きました。2点とも非常にエレガントなゴールでした。
プジョール:今週のCLには出られないので頑張ってくれると思っていました!気持ちの入っていた逆転ゴールだったと思います。得点後、キャプテンマークにキスをするパフォーマンスも良かったですね。
メッシ:今日もキレキレでした。何も言うことはありません。あと2点くらい入りそうでしたね。
イニエスタ:今日もキレキレでした。悪質なファールを受けることが多いので、怪我には気をつけてもらいたいです・・・。
チャビ:フル出場でした。チャビを替えないところにペップの信頼を感じます。5点目のメッシへのアシストはこれぞチャビ!というカラコーレスからのものでしたね。
ピケ:ものすごく安心して見られ、今日はかなり効果的でした。次のディフェンスリーダーは君だっ。
エトー:得点はありませんでしたが、アシストに前線からの守備にとかなりの活躍でした。試合後一番喜んでいたのが印象的です。
アウベス:試合前からの気合の入った顔が結構好きです。
ペップ・グアルディオラ監督:アンリやイニエスタを休ませ、未来を見据えクラシコの雰囲気を感じさせるため、ボージャンとブスケを投入するところがさすがです。

カシージャス:今日は厄日でしたね・・・。
セルヒオ・ラモス:DFながら1ゴール1アシストと、今日のマドリー側のベストプレイヤーは彼だったと思います。
ロッベン:サイドを切り込んで、結構効いていたと思います。
ラウール:調子は悪くなかったと思うのですが、ボールがあまり回ってこなかったのが辛いところでしたね。

 マドリーはカンプノウ・クラシコ以来負けなしで、超現実的結果重視サッカーを展開してきたのですが、バルサの哲学が出来過ぎと言っていい内容でそれを打ち砕いてくれました。
 観客がどんどん帰っていく悲壮感たっぷりのスタンドと、ポンポンとピンボールのように楽しそうにバルサの選手がボールを繋いでいるピッチとの対照が印象的でした。

 CLや国王杯にも非常に期待が持てます!


『ベルナベウで2-6』へのコメント

  1. 名前:mura 投稿日:2009/05/03(日) 08:16:43 ID:59f0e3d24

    バルサはパスが回ってましたね~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。