おーるどふぁっしょんどすたいる

 葛飾区に行く用事がありまして、立石にある立ち食い寿司の名店「栄寿司」さんに行ってきました。

 暖簾をくぐったら、そこはすぐカウンターです。

 14時過ぎに着いたため、大将お1人で握っておられました。 私が入店した際には客は3人だったのですが、その後10人まで増え・・・それでも注文を間違えずに握り続ける大将には、脳年齢の高さを感じずにはいられませんでした。

 お寿司です。箸や寿司ゲタ等はなくすべてカウンターから手で取って食べるスタイルです。ガリは容器からトングで取り分けます。

 1貫100円(イカ・タコ・赤身・玉子等)・200円(シマアジ・中トロ・カニ等)・300円(大トロ・うに・イクラ等)の3種のみの値段設定で財布にとても優しくなっております。しかし画像でお分かりのとおり、ネタは大ぶりでしっかりしており、仕込みにも手抜きはありません。 さすが人気店だけあってコストパフォーマンスが高い!会社の近くの寿司屋で食べたら同じ内容で2.5倍は取られるでしょう・・・。 煮貝類やお味噌汁等、そこかしこに職人のこだわりを感じます。ちなみにビールはヱビスビールのみでした。
 女将さんの愛想も非常に良く(冗談がかわいらしかったです)、立って食べていることを忘れるくらいの心地よい環境でした。

 お向かいにあるもつ焼きの名店「宇ち多゛」さんにも行ってみました。

 既に満席でしたが、客の回転が速いため3分ほど待っただけですぐに座れました。

 こちらもコストパフォーマンスが非常に高く、メインメニューのもつ焼き(2本)・もつ煮込み・焼酎・お新香はすべて170円です。


 昼間っから飲んでいるわけですが(笑)泥酔している客は皆無で、「さっと食べ・さっと飲み・さっと帰る」人ばかりでした。和装の粋な方もいらっしゃいまして、場末の飲み屋感は全くありません。 お店のキャラが浸透しており、皆様それが好きで来ている感じです。

 2軒合わせて1人 3000円程のお会計でした。しかし満足度はプライスレスですね。(実は先の日曜日にマスコミ頻出のイタリアンレストランに行き大失敗しておりまして・・・、萎えた気持ちを盛り返すことができた気がします。)

 立石にはこのほかにも私の心をくすぐる古き良き飲食店(主に飲み屋)が多数あります。恐るべし立石。通勤にさえ便利ならば引っ越したいなぁと思っております。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。