ベトナムコーヒー&カフェについて

 ベトナム旅行ネタで更新しています。
 バインミーティットともに私の今回の旅の友となったのがカーフェースア(ベトナム風ミルクコーヒー)です。

 練乳を入れたカップやグラスにアルミ製の濾過器をかぶせ、バターで焙煎した豆を使ってかなり濃い目のコーヒーを淹れ、落ちきったらスプーンでかき混ぜて飲みます。
 私はスペインのカフェコンレチェが好きなので、このカーフェースアも初めて飲んだときからはまりまして、多い日は1日に6杯は飲みました。
 ぽたぽた落ちるのをゆっくり待っているのが、風情があって非常にいい感じです。

 あとベトナムのカフェで素晴らしいのが、

 おまけについてくるハス茶が飲み放題なのと、店で何時間粘っていても文句を言われないことです。私が外国人だからってことではなく、ベトナム人も外国人も同様にです。大の大人が昼間から結構サボっていました(笑) これを利用して列車待ちの際には大変お世話になりました。<(_ _)>

 ちなみにオサレ系カフェになりますと下のような感じで出されます。

 値段はバインミーティットと大体同じく、3000VNDから15000VNDくらいです。街中ではコーヒーを飲むところに全く困りません。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。