鉄分 一覧

湿気の多い時期に

 湿気の多い時期に行って参りました。岐阜県岐阜市は尻毛(しっけ)です。
shikke_01
 前々から気になる地名ではありまして、用事で東京から大阪に行った帰りに寄り道をしてみた次第です。

 ちなみに、尻毛には廃線となった名古屋鉄道揖斐線の尻毛駅跡がまだ残っておりまして、廃線マニアにも有名なスポットです。
shikke_02shikke_03

 町を巡ってみました。
 冒頭の尻毛バス停の前後に存在する、上尻毛・下尻毛バス停です。
shikke_04shikke_05

 「尻毛橋」です。
shikke_06

 「尻毛郵便局」です。
shikke_12

 見るのを楽しみにしていた「スーパー尻毛」さんは閉店しており、わずかに名残があるのみでした。
shikke_07shikke_08
 現在はワタミの宅食の事業所となっているようです。

 「尻毛サイクル」さんです。
shikke_09

 穴埋めクイズのようになってしまっておりますが、「しっけ薬品」さんなのでしょうか。
shikke_10
 こちらも尻毛駅・スーパー尻毛さんとともに閉まっておりました。

 最後に一番印象に残ったクリーニング店の「尻毛ドライ」さんです。
shikke_11
「尻毛」と「湿気」を掛けられたのでしょうか。「尻毛クリーニング」にするよりもインパクトも洒落っ気もあり良いお名前だと思いました。

 尻毛は田んぼに囲まれた長閑な町でした。


こんなところにヌーディストビーチ!?

 先月、桜を見に行った折に見かけました。
hadakajima
 「はだかじま」駅の看板です。
 電車内でうつらうつらしておりましたが、駅名を告げる車内アナウンスに目が覚めました。

 「えっ何、本当にこの名前?しかも山の中に。」と驚きましたが、漢字で書くと「波高島」駅となるそうです。
 時間があれば散策したかったところです。


大休。

 とある駅のホームで見つけました。
ooyasumi-1
 「大休でお得!」とあります。
 「大休」が何なのか分からないのですが、助詞の「で」がついているので、手段なのか場所なのか、はたまた限定の意味合いで「大休というカテゴリ」があるのでしょうか・・・。

 正解は
ooyasumi-2
 「大人の休日倶楽部」のことでした。倶楽部は略した時に吸収されてしまったみたいです。
 意味は分かりましたが「大休」は何て読むのでしょう。略称なので「だいきゅう」ではなくて無難に「おときゅう」なのでしょうか・・・。次から次へと疑問が湧いてくる看板群です。

 CMでの吉永小百合さんの優雅な旅は憧れますね~。その旅がお得とは惹かれます。しかし倶楽部入会権利の獲得までまだまだ先の話です。


モロ画像・・・。

moro_1

 先日、知人のお見舞いに出かけた折に撮影しました。

 モロ駅舎・・・。
moro_2

 モロ駅長・・・。
moro_3

 モロ薬局、モロ病院・・・。
moro_4moro_5

 モロ西日・・・。
moro_6

 撮影しつつ頭の中では、はなわさんの『佐賀県』の節で「♪M・O・R・O 毛呂~」と流れ続けていました。
 ここは日中、電車が2時間に1本しかない時間帯もあるというような長閑なところでして、非常にのんびりできました。用事で行ったわけですが行って良かったです。温泉旅館のようなものがあったら是非行ってみたいですね。

 来年は殻に閉じこもることなく、もっと自分をさらけ出して成長していこうと思いました(モロつながりで・・・。)

 このサイトをご覧の皆様も、良いお年をお迎えください。


鉄郎、あなたの旅は今始まったのよ。

 皆様明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>
と言うわけで新年1回目のエントリーです。

 新年1回目ということで、本来縁起の良い物を用意していたのですが、あまりのインパクトの強さにこちらを載せることにしました。帰省時に見つけたJR某駅指定券申込記入例です。

 ツッコミどころ満載です。どこから突っ込んでどこに重点を置いたら良いか非常に迷いますが、投げ出さずに列挙していきたいと思います。
 ・往復を申し込んでいるのに復路の指定が記入されておりません。
 ・「大人の休息倶楽部」の割引を使おうとしていますが、こどもさんが69人もいらっしゃいます。(「休息」できませんね。それにしても69人って、また適当な。)

 ・列車名が「銀河鉄道999」号です。(「トーマス」号と書かれるのとどっちが良かったでしょう?)
 ・札幌から佐世保まで1分で駆け抜けます。
 ・希望する席は「個室」の100人がけです。(それは個室と言うのか?合計87人で100席を占領できるのか?)

 国鉄時代にはありえないような指定券申込記入例です。「銀河鉄道999」をチョイスするところから察するに、中堅どころの社員の方が「じゃぁ、適当に埋めよっか」と茶目っ気を出して書いてしまったのでしょうか・・・。1日の利用客数の多い駅なのですが、お偉いさんの検閲や許可は全くない感じですね。
 字も半殴り書きですし、「銀河鉄道999」ネタできれいにまとめるということもありませんし、「これでみんなから受けよう」とは思わずに本当に適当に空欄を埋めているところが結構面白く感じました。参考にされるお客さんは少ないと思いますが、お勤めご苦労様です。

人は言う、999は鉄郎の心の中を走った「青春」という名の列車だと。
今一度、万感の思いを込めて汽笛が鳴る。今一度、万感の思いを込めて汽車が行く・・・。


1 2 3 4