珍キャラクター 一覧

石門金剛宮 その1

 前から行ってみたいと思っていた「石門金剛宮」に行って参りました。

taiwan2016_003

 「石門金剛宮」は新竹市石門区に1986年に建立された、多くの像が存在することで有名な道教のお寺です。
 MRT淡水駅からバスに乗って行くのが便利です。最寄バス停は「富貴漁港」で45分ほどで着きました。料金は45台湾ドル(日本円で150円ほど)です。
 バス停付近には案内板が掲げられており、それに従って進むと上図右側の大きな「玉皇大帝」像が出迎えてくれます。

 「玉皇大帝」の次には「媽祖」像と「大聖爺(孫悟空)」像が控えています。

taiwan2016_004taiwan2016_005

 入口です。イイ味出しています。

taiwan2016_006taiwan2016_007

 少し進むと「二十四孝感恩坡」という孝行譚『二十四孝』の名場面の石像を並べた坂道があります。

taiwan2016_008

 その石像群の一部です。

taiwan2016_009taiwan2016_010

taiwan2016_011taiwan2016_012

taiwan2016_013taiwan2016_014

taiwan2016_015

 イイ味の像が次々と目に飛び込んできまして、段々ワクワクして参りました。(続きます。)


強力 整胃腸

 続けて保壽製薬さんのお薬です。

seiicho

 「強力 整胃腸」とのことです。これも中年男性が苦悶の表情を浮かべております。「アメトーーク!」風に言えばOPP中年です。

 「胃痛と腸通に 細菌性腸疾患・悪性下痢に しぶりはら・くだりはら・赤痢・エキリ等の予防治療に」と書いてあります。もっと軽い症状を対象にしているのかと思っておりましたが、ターゲットは中々重い病気です。「はらトンプク」との違いはこの辺りにあるのでしょうね。


強力 はらトンプク

 今は亡き私の母方の祖母は色々なものをきれいに取って置く習慣があったのですが、そんな祖母の家の薬箱で最近見つけました。
haratonpuku
 富山県にある保壽製薬さんの「強力 はらトンプク」です。「はらトンプク」というネーミングとそのフォント、「胃痛腹痛に はらいたみ さしこみによし」というキャッチフレーズやサラリーマンの方の苦悶の表情が中々イイ味出ています。

 他にも同様のイイ味出した品がありまして、今後いくつかご紹介していきたいと思っております。


宇都宮動物園 おまけ

 宇都宮動物園へはロボットを見に行っただけではなく、ちゃんと入園して楽しんできましたので(笑)、気に入った画像などをご紹介して参ります。

 まずは案内板から。
utsunomiyazoo00

 職員さんの手作り感がとても良いです。

 チケット売り場は装飾が変わるようで、私が行った時はキリンでした。
utsunomiyazoo01utsunomiyazoo02

 遊園地ゾーンです。レトロな感じがたまりません。
utsunomiyazoo03utsunomiyazoo04

utsunomiyazoo05utsunomiyazoo06

utsunomiyazoo07utsunomiyazoo08

utsunomiyazoo09utsunomiyazoo10

 動物園なので動物たちも。結構充実していて遊園地以上に楽しめます。
utsunomiyazoo11

 草食動物は餌やりができ、大分人間になれておりました。つぶらな瞳が良いですねー。
utsunomiyazoo13utsunomiyazoo14

 ベンガルトラのホワイトタイガーなど珍しい動物も居ります。
utsunomiyazoo16

 私が特に気に入ったのが下の二頭、アジアゾウの「宮子さん」とアムールトラの「チグちゃん」です。
utsunomiyazoo12utsunomiyazoo15
 お二方ともとても可愛らしく、ボーっと長時間眺めてしまいました。

 レトロな遊具と可愛い動物に加え、職員の皆さんの挨拶がとてもしっかりされていて、来て良かったと本当に思いました。
 この動物園で何よりもすごいのが開園以来ずっと黒字という事実ですね。園内の其処彼処で見受けられた各種節約の「守りの姿勢」に加え、珍しい動物を取り入れるという「攻めの姿勢」もあり、バランスが良くて素晴らしいことだと思います。
 こんな素敵な動物園が近くにある方々が羨ましく感じます。


まさかの兄弟機!

 先日私の心をわしづかみにしたロボット21号さんですが、栃木出身の知人に画像を見せたところ「そっくりなのを見たことがあるよ」と言われ、宇都宮動物園に行って参りました。

 ジャジャン!
utsurobot_01
 入口横の駐車場に、確かにそっくりなロボットが立っております。

 早速、並べてみてみましょう。

robot21_09utsurobot_02

robot21_10utsurobot_05

robot21_05utsurobot_03

 頭と耳の突起がないだけで全くもってそっくりです。同じメーカーで作られたのでしょうね。ちなみに読売新聞では以下のように紹介されていました。

◇ロボットが出迎え 目玉ギョロリ置物◇
 宇都宮動物園で来園者を出迎えるのは、謎の巨大ロボット。格好いいような悪いような。それでも、多くの人が「これなんだろう」と言いながら記念撮影している。
(中略)
 動物園にふさわしくないロボットと、そのポーズをまねる荒井園長。かつては園内のゲームコーナーに置いてあった。ロボットに入って、レバーを操作すると上半身を動かせ、胸のあたりの窓から顔をのぞかせられたという 昔は動いた
 読売新聞栃木版 2015年4月2日

 「これなんだろう」だの「ふさわしくない」だの、少し酷い言われ様ではありますが(笑)養老ランドのロボット21号さんとは違い現在は動かないようで、そこが残念ではあります。

 ちなみにこのロボットさん、下のような感じでお出迎え&お見送りしてくれるのです。

utsurobot_04

 宇都宮動物園の守り神のようですね。


1 2 3 4 5 6 7 12