小物ネタ 一覧

飲む前がハイテンション。

 先日、結構な体調不良にもかかわらず会社を休めない日がありまして、多分にプラシーボ効果と思われるもののユンケルを飲んで乗り切ったのですが、そのことを知人に話したところ「じゃあ、これも辛かったときに飲んでみる?」と言われ、渡されたのがこちら
zeturin_1zeturin_2
 絶倫ゴールドです。薬局の特売コーナーにおいてあったのを見て、ネタを求めて何本か買っておいたのだそうです。
 ・・・(´・ω・)?「ああ・・・、ありがとう・・・」としか言えませんでした。

 なんでも、オットセイの骨格筋エキス(カロペプタイド)にマムシエキス、ガラナエキス、スッポンエキスが入っていて、絶倫配合をしているそうです。
 発売元は再春館薬品さんとのことですが、ドモホルンリンクルでおなじみの再春館製薬さんとは全く別の会社のようです。「回春」なんて言葉もありますし語呂が良かったので使われたというところでしょうか。

 「感想を聞かせて」と言われていたのですが、そのまま飲む勇気はないので上品さのアップやお茶目さの付加を期待してフルートグラスに移してみました。
zeturin_3
 もっと黄色いものだと想像していましたが、瓶の色とほぼ同じです。
 味はと言いますと、絶倫配合されたうちのニンニクエキス25mgが他の風味に勝ってしまっておりまして、ニンニク臭くて薬っぽいという味でした・・・。必要性のある方には効きそうな味とでも言っておきましょうか。

 実は知人はもう一種包んでくれまして・・・ それがこちら
seisen_1seisen_2
 精泉ビンビン液です。こちらも負けず劣らずストレートな名前です・・・。野球の投球に例えたら完全に打者にぶつけに行っていますね。二者連続デッドボールです。

 これを見てまず、「清泉女子大関係者はどう思うか・・・」とふと思ってしまいました。(´・ω・`)
 あと 「そういえば○○びんびん物語ってドラマのシリーズあったよね。」と連想する方が多いと思いますが、今の私は田原俊彦さんや野村宏伸さんなんか構っていられません。
 阪本漢法製薬さんというところが製造販売しているそうで、マムシエキスを中心とした配合のようです。たんぱく質が6.2g入っているところも特徴です。
 
 こちらもフルートグラスに移してみました。
seisen_3
 やや薄い茶色です。前者に比べたら同じくやや飲みやすい気もしますが、やはり薬っぽくて必要性のある方には効きそうな味です。

 小林製薬だけでなく、こういった薬品こそネーミングが命なのではないかと再認識しました。
 結局両方とも飲み切れず瓶に戻して冷蔵庫にしまったのですが、我ながら年甲斐もなくよく挑戦したものだと夜中に天井を見上げて思いました。


セレブ大安売り

 新年会の途中に発見したガチャガチャです。
celeben_1
 「セレブな便器たち」とお子様のはーとを鷲掴みにしそうなネーミングです。精神年齢の低い私もほろ酔い加減で挑戦してみました。

 中身はこんな具合です。 私はどうやら洋式便器が当たったようです。
celeben_2

 グリーンメタルの色使いがセレブなのでしょうか?私が知らないだけで太閤秀吉の昔から「便器は光らせたら勝ち」というルールがあるのかも知れません。
 紐も付いており「あなたさえ良ければ携帯電話に付けても良くってよ。」と言ってくれそうです。
celeben_3celeben_4

 ふたを開けると中に「う○ちくん」と呼びたくなるような、排泄物と思しきものが鎮座しておりますが、レインボーカラーで色づけされかつ微笑んでおります。セレブの余裕でしょうか。
celeben_5
 ただ残念なことにはこのセレブな便器には便座がついていないんですねぇ~。
 他の種類には「和式便器」「トイレットペーパーホルダー」があるそうです。トイレットペーパーホルダーはマグネット式でメモホルダーとして使えるのだとか・・・。

 なお隣には「うんちバキューンVSうんち棒」というこれまたお子様のはーとを鷲掴みにしそうなガチャガチャがありましたが、さすがに直接的過ぎて私の守備範囲にはないと思い、小銭もなかったことから挑戦を留まってしまいました。
celeben_6

 この「セレブな便器たち」はシリーズものが作りにくい感じのガチャガチャですね。単発花火で終わってしまいそうな点が少し残念です。


飲む前に飲む。

 某損害保険会社の支店の駐車場にあったコーンです。 大量に存在しておりまして、その中からイイ味出している字のものを選んで撮影しております。
 シミュラクラ現象か、私は見ているうちにだんだん赤鬼・青鬼に思えてきました。(「ソ」の字が釣り目で・・・) 若しくは五百羅漢というところでしょうか。
 半濁音の「○」も力作や手抜きのものがあって違いが楽しめます。

 昔懐かしいあの名CMソングを思い浮かべながらご覧下さい。




 ビニールテープでなく油性マジックで普通に書けばいいのにと思いましたが、ビニールテープであるからこそ、この力作が生まれたのでしょう。

 このサイトをごらんの皆様、どうか良いお年をお迎えください。


毛だまガ取れます

 冬物の整理のために100円ショップで毛玉取り器を買ってきました。

 なんと希望小売価格の17分の1です。
 「得した」という気分には全くなれず、むしろ、なんとも表現しづらい悲しみがこみ上げてきました。

 ところで上画では商品名(ニックネーム?)が「てれちゃん」となっておりますが・・・

 別のところでは「TAMATORI-KUN」と呼んでいます・・・。( ゜Д゜)ポカーン 自分の旦那さんの呼び方をその時の気分によって変えていく若奥様のようです

 次に側面の説明文です。

 「手の届ない所」「0度ら40度」・・・と平仮名の「か」の活字を片仮名の「カ」にしてしまっています。こんな間違い探しゲームを子供の頃にしたことがあります。
 初めの画像にも「毛だまガ取れます」とありましたが、全般的に片仮名の「カ」の誘惑には逆らえないみたいです。

 裏面の注意事項です。

 「シェーバー」の活字を「氵工-バー」にしてしまっていました。なかなか高度なテクニックです。『おそ松くん』のイヤミにこの活字で喋らせたいところです。
 
 何気なく買ってしまった毛玉取り器ですが、いろいろ考えさせられました。
 とりあえずここで思考を一旦止めて、冬物の整理を頑張ろうと思います。


1 2 3 4