ベトナム 一覧

スオイティエン公園 その1

 長らく憧れの場所であったホーチミン9区のスオイティエン公園に行って参りました。「スオイティエン」とは「妖精の泉」の意味です。日本ではスイティエン公園と紹介されていることも多いですが、それは南部方言に合わせた表記でして、より現地に近い呼び方となります。しかしどちらでも通じますのでご安心を。

 スオイティエン公園へは地下鉄工事で移転中のベンタインバスターミナルから19番バスで行くのが便利です。45分くらいで着き、料金はなんと6,000ドン(日本円で約30円)でした。公園の入場料は大人120,000ドン(600円)・子供60,000ドン(300円)です。入場料は年々上がっているようですね。

 このスオイティエン公園を一言で表現すると「仏教系の遊園地」なのですが、サービス精神がとても旺盛で、色々イイ味出した施設や像をどんどん付け足していってカオスな感じを生み出しております。「サービス精神旺盛施設あるある」ですね。

 入って直ぐは土足禁止の祠などもあり仏教色の強い建造物ばかりでしたが・・・

そこを抜けると一気に遊園地となります。中でもベトナム人の祖先とされる伝説上の人物、貉龍君と嫗姫が見守る形のプールである「ビエンティエンドン」(ティエンドン・ビーチ)が一番有名で一番人気の様です。因みにティエンドンとは「仙童」の意味です。

 こちらに入るには別途入場料(大人100,000ドン(500円)・子供60,000ドン(300円))が必要ですが、「仙童」の名に相応しく次々と小中学生と思しき子供達が引率の先生に連れられ入ってきます。団体割引で大分安くなるのでしょうね。

 レンタル水着や替えの下着の販売などもありました。

 その他、「ティエンドン・ビーチ」の画像・動画をどうぞ・・・

 私がこのスオイティエン公園に行った時はワニ釣堀やセグウェイ乗り場等の施設が休業となってしまっていたのですが、面白いキャラクターにはたくさん出会えました。次はそんな面白キャラ達をご紹介したく思います。


ベトナムに行ってきました。2018

 ベトナムに行って参りました。7年ぶりとなります。早いものですね。

 今回はホーチミン ⇒ ビエンホア ⇒ ブンタウ ⇒ ホーチミンと巡っております。

 例によって小ネタから

・家を出発した時は季節はずれの雪でものすごく寒かったのですが、ホーチミンに着いたら熱帯夜でした。

・現地でSIMを購入して入れ替え、ポケモンGOを立ち上げたら、最初に出現・捕獲できたポケモンは南国限定の「サニーゴ」でした。なお南アジア限定の「コータス」も捕獲しております。

・乗っていた路線バスが故障し、後から来たバスに乗り換えるという事態に遭遇しました。
・物価は大分上がっていました。しかし屋台や路上販売の飲食物は余り変化ありません。

 行きたい場所に行け、会いたい人に会え、中々充実した旅行でした。しばらくベトナムかぶれで更新して参ります。


ベトナム旅行のおまけとまとめ

 今回のベトナム旅行のおまけとまとめです。

 今回の旅行で一番驚いたのはWiFiの普及です。田舎の食堂で利用できた時には目を疑いました・・・。
 下はWiFiの利用できた食堂とその場所のGoogle Earthでの航空写真です。
vietnam2011_8_01vietnam2011_8_02
 便利で良いのですが、そこでは私以外に使っている人を見かけず、どんな人達へのサービスなのかは不明です。
 海外パケホーダイサービスと合わせて、ネットの利用についてはほとんど困らなかったです。

 ちょっと笑ってしまうものの権利的に疑問符のつく品物は健在でした。
vietnam2011_8_03vietnam2011_8_04
 ピカチュウ人気は相変わらずですが、この加湿器には水を入れても良いのでしょうか(笑

 同行人に「珍しいものを撮影しているのなら、ほらあれっ、横浜ゴムのバイクのタイヤだよ。」と言われて撮った画像です。
vietnam2011_8_05
 日本では売っていないみたいですが、私には価値が分かりません・・・。

 ベトナムは2005年に旅行したときよりも大分発展していました。人々の意識の面が特に違う気がいたします。この成長や活気は少々羨ましく思いました。
 vietnam2011_8_06
 今回会った方々は皆さん親日家で、挨拶の次にすぐ今回の地震についての言葉を掛けてくださったのが非常に印象的でした。
 これからも日本とベトナムは良き友人として刺激を受け合っていければと思います。


ベトナムの物価 2011年

 2011年5月上旬におけるベトナムの物価をまとめておきます。
 ・・・とは言うものの今回は完全ご招待で伺っているため、軽食とお土産にしかお金を使っておりません。
 レートは 1円 = 250ドンというところでした。

 カフェスア 10000ドン(アプドン近くのドライブインにて、日本円で40円) ~ 73000ドン(チュングエンコーヒーにて、日本円で292円)
vietnam2011_6_01vietnam2011_7_03
 大抵は 15000 ~ 20000ドン(60~80円)くらいで飲んでいました。
 上のレシートを見るとチュングエンコーヒーでのダブルのアイスクリームは 39000ドン(156円)だったようですね。

 フォー 40000ドン(160円)

 バインセオ 40000ドン(160円)
vietnam2011_6_06

 アイスキャンディー 12000ドン(48円)
vietnam2011_7_01

 自販機の500mlペットボトルのお茶 10000ドン(40円)
vietnam2011_7_02
 同じく自販機の350ml缶ジュースは8000ドン(32円)でした。

 1歳児の子供服 250000ドン(1000円)ほど
vietnam2011_7_04
 これはホーチミン市のドンコイ通りの店でお祝い用に買ったもののため、相場よりは大分高いかと思います。

 ベトナムは急激な経済成長のため物価が大分上がっているとのことです。私の過去の記録を見てみると2005年にはカフェスアを 3000 ~ 15000ドンで飲んでいますね。しかし円高も急激に進んだため日本円に換算するとそれほど負担はないように感じます。


ベトナム料理

 今回、印象に残った料理を挙げていきます。

 まずはお馴染「チュングエンコーヒー」の最高級コーヒーです。
vietnam2011_6_01
 酸味が強くて個性的な味でしたが美味しかったです。
 なお、今回もカフェスアは良く飲みました。
vietnam2011_6_02vietnam2011_6_12
vietnam2011_6_13

 食堂の料理です。
vietnam2011_6_03vietnam2011_6_04
 5人前で頼んでいますが、食べきれない量が出てきます。中国などと同じく「客人には食べきれないほど提供する」という文化圏のようです。

 醤油味っぽい味の、牛肉と玉子麺の鍋です。この量は2人前とのことですが、5人で食べても充分な量でした。香草の量が素敵です。
vietnam2011_6_11

 同じく麺料理から・・・、下は焼きそばなのですがインスタント麺を使っています。
vietnam2011_6_05
 インスタント麺でない焼きそばと値段は変わらず、しかも人気メニューとのことなのですが、ちょっと損したと思ってしまうのは私だけでしょうか。野菜はたくさん使われていて美味しかったです。

 スズキの丸揚げです。迫力があって見た目が面白い料理です。
vietnam2011_6_14
 これは例によって、ほぐして香草類と共にライスペーパーに巻いて食べるのですが、途中から皆そのまま食べていました(笑)
 なお、奥に見えるのはハイネケンの瓶ですが、他の銘柄のビールより人気があるのだそうです。

 バインセオも食べました。
vietnam2011_6_06
 モチモチ感が好きです。画像には出ていませんがこれも付け合せの香草の量がすごいです。
 一口サイズのバインセオもありまして、バインホと言うらしいです。

 エスカルゴの肉詰めです。
vietnam2011_6_07
 ご招待してくださった方が「変わったものを食べてみませんか」と注文してくれました。美味しかったのですが見た目の面白さを楽しむものかもしれません。

 脱皮直後のカニを唐揚げにしたものです。日本にもありますが、きちんとベトナム料理の味になるんですよね~。
vietnam2011_6_08

 水羊羹みたいな食感のツルツルしたお餅とハムや干し肉がつけ合わさったものです。
vietnam2011_6_09
 これは何と言う名前の料理なんでしょう・・・。

 ベトナムで最後に食べた料理、牡蠣のお粥です。
vietnam2011_6_10
 揚げねぎやザウムイ(コリアンダー)が効いていて、出汁も上品で、最後を締めくくる美味しさでした。

 香草類は好き嫌いが分かれると思いますが、ベトナム料理はそのままでも日本人に合う料理だと思っております。


1 2 3 4 5 6 7