フォントの力 一覧

健気に思えてきた・・・。(フォントの力 番外編)

 「おっ、イイ味出している看板だ」と思って撮影したのですが・・・
maruyoshi
 ダンス用品を扱うダンスファッションマルヨシさんの看板です。なかなかイイ味のフォントで実直な感じが伝わってきます。中に蛍光灯が入れられ、夜もイイ感じに目立つのだと思われます。
 しかしこの看板の注目点は、縦横に巡る補修テープでしょう・・・。物がぶつかったり、風で倒れたり(ポリタンクは重しですね)、時には明かりに惹きつけられた酔っ払いや不良の攻撃対象になったこともあるかもしれません・・・。
 フランケンシュタインの縫合を髣髴させるような補修テープからはこの看板の長年の苦労が伺えます。寒空の下、思わず「今までよく頑張ったね・・・」と声を掛けたくなりました。

 お店の方が大事に扱っているところがとても良いですよね。


神士服

 服の寸法直しのお店のほのぼのとした告知ですが
shinshifuku
 紳士服が神士服になっています。婦人服と神に仕えるサムライの服を扱っているようですね。

 ちょっとどんな服なのかとGoogle先生に聞いてみたところ、「もしかして:」と冷たい扱いを受けてしまいました。
moshinshi
 意外とこの書き間違いは少ないようです・・・。
 この告知自体はフォントもイイ味出しており、アットホームな感じがいいと思いました。


フォントの力・10

 取り立てて面白いことを書いているわけではないのですが、フォントによってイイ味に変化した看板です。

 中華料理屋さんの店先に立てられていました。
namabeer
 「生ビール 280」と書いてあるようです。280種類揃えているとか280リットル提供できるというわけでは無く、多分単位はでしょう・・・。

 紙テープを貼って作ったようですが、ビの濁点を下向き三角にしたり「生ビ」まで凝って作ったものの、その後の勢いがなくなってしまったのが残念です。280のところは完全にやる気なくなっちゃっていますね・・・。

 しかし「注目してくれ!」というお店の人の気持ちは伝わってきて、味が出ているイイ看板です。


おなじみキリスト看板?

 いわゆる「キリスト看板」のようなのですが・・・
onajimi
 「おなじみ焼肉」と書いてあります。みんなが抱く焼肉のイメージとはかけ離れた色使いがなかなか面白いです。
 いっそ、文言もキリスト看板ぽく「喰い改めよ タン塩」といったものにしてくれたらなと思いました。

 後ろの「スナックふれあい」さんもイイ味出していますね。


カメパーマ

 緑色に怪しく光っておりました。
kameperma
 「カメパーマ」と書いてあります。カメは緑亀なのでしょうか・・・。
 私は知らなかったのですが、ちょっとした有名物件のようですね。名前もさることながら、フォントもイイ味出しています。シンプルながらも存在感抜群です。

 亀の甲羅のようなモコモコっとしたパーマということで浅見千代子さんの髪型を思い浮かべましたが、一体どんなパーマなのか謎は深まるばかりです。


1 2 3 4 5 6