クリーニング店 一覧

スピード&ファッション

 野球チームのスローガンのようなキャッチフレーズです。

 「スピード&ファッション」とのことです。フォントもいい味出していますね。私は「ヨーロッパクリーニングをどうぞ」の「どうぞ」というところがなんとなく好きです。
 それにしてもツッコミどころ満載ですね。
 ・スピードとファッションの結びつきは?(仕上げが早いことのアピールと服を扱うことから?)
 ・ファッションの国イタリア(パリやロンドンやアントワープ方面等から反論が来そうな・・・。)
 ・ヨーロッパクリーニング(北欧と南欧では洗い方が著しく違うような・・・。)
看板の年季からして、情報過多ではないおおらかな時代に作られた看板なのだと思います。


お急ぎならっ!

 突然目に飛び込んできました。妙にインパクトのあるキャラクターです。

 なんとなくお分かりだとは思いますが、クリーニング屋さんのイメージキャラクターでした。回転する広告塔に描かれていたものです。

こういう肉食恐竜っぽいキャラは、獲物をとるのに鈎爪が必要ではないかと思うのですが、ピアニストのような細くて長い指をしています。しかも5本指です。野生のものではなく、良くありがちな小学生のいる家に居候している設定のキャラなのかもしれません。

 下の絵は、このキャラクターを正面から見たところのようです。

キン肉マン+オバケのQ太郎のような感じになってしまっています。スネ夫の頭のように適当に角度をつけてごまかせば・・・と思いましたが、作者の方は律儀な方なのだと思います。
 このキャラクターの軽妙な感じはちょっと羨ましいところです。

 今年もあっという間という感じでした・・・。このサイトをご覧の皆様、どうか良いお年をお迎えくださいませ。<(_ _)>


ユニークな店

 クリーニング屋さんのようです。

 丁寧さ等が必要とされ、独創性などはあまり必要とされないような業界だと思っていましたが「ユニークな店」と主張しています。大人しくて地味な外見なのに意外に大胆な発言をしてしまう美化委員のようです。
 撮影時に店が閉まっていたので、どこがユニークなのか分からずじまいだったのが残念です。


旅行で行ってみたい。

 紋章もかわいらしい感じで、なんだか楽しそうな国です。

 「おしゃれ共和国」とのことです。
 でも入国審査にひっかかって強制送還させられたら泣けますね。異議を申し立てる元気もなくなるほど打ちひしがれると思います。


 共和制は共和制でもフランス革命以後の近代共和制でなく、元老院が支配していたローマ共和国のような共和制がしかれていたらちょっと興味深いんだけどなぁ。

 ・・・というのは冗談で、結構大きいクリーニングのチェーンらしいです。覚えやすくていいネーミングだと思います。(やはりチェーンなので王制でなく共和制にしたほうが無難か。)


1 2