キャッチフレーズ 一覧

大阪第一ビル おまけ

 マヅラさんのある大阪第一ビルは、イイ味出しているお店が多く、個人的に気になったお店を紹介して行きます。
daiichibuild07

 床屋さんのキャッチフレーズです。
daiichibuild01
 「頭で刈る頭」というのはシンプルですけどイイですね。

 花屋さんのキャッチフレーズです。
daiichibuild02
 「はっは~ん ここだな うわさの花屋は」とのことです。
 お客さんが結構いらっしゃいました。本当に噂の花屋さんなのでしょう。

 開店前でシャッターの閉まっていた店先にイイ味出しながらも寂しく光っていた店名看板2つです。
daiichibuild03daiichibuild04
 フォントもイイ味出していますね。

 ゲームセンターの立て看板です。こちらもフォントが昔風で素敵です。
daiichibuild06
 
 第一ビルさん自体のキャッチフレーズなのでしょうか。
daiichibuild05
 「ようこそふるさとビルへ」とのことです。「あなたの故郷の様に懐かしいところ -第一ビル- へようこそ」ということでしょうか。言わんとするところは分からなくもないですが「ふるさとビル」と断定しすぎな気がするところがちょっと面白かったです。


男でよかった!!

 何気なく歩いているところで目に飛び込んできました。
otokode
 「男でよかった!! スーパー料亭天女」とのことです。
 同じく突然の告白である「地球に生まれてよかったぁー」の言葉をちょっと思い出しつつ、「スーパー料亭」というフレーズが気になって仕方がないところです。
 「スーパー銭湯」には大分慣れたのですけどね。

 こちらが入口のようです。私のイメージとは少し異なりました。
otokode
 家に帰って調べてみたところ、和風のセクシーキャバクラの類のようです。
 従業員のお姉さんは看板の言葉をどう思っているのか聞きたいところですが、お客の男性の感想だとしたら、それはそれで価値のあるものかと思いました。


飲んで歌ってずっこけて

 「パブ プテイ」さんの看板です。
pub-petit
 年季が入っていることと逆光から少々色が薄めとなってしまっておりますが、キャッチフレーズの「飲んで歌ってずっこけて」が印象的です。
 「ずっこけ」というと名著『ズッコケ三人組』シリーズが思い出されますが、完全に昭和の所作ですね。

 韻を踏んでいて、オープンでフレンドリーな感じも出ていて、私は結構好きです。


春夏秋冬 生ビール

 小料理屋さんと思われるお店に“ちょこん”と、この看板だけ飾られていました。
shunkashuto
 「春夏秋冬 生ビール」とあります。店名なのかキャッチフレーズなのかは分かりませんが、「確かに生ビールはどの季節でも楽しめるし、楽しんでいるわ。」と思いながら撮影しました。

 店名だとしたらかなり粋だと思いますが、ビアバーでもないのにという疑問は残ります。


くらえ!ペガサス流精拳!!

 技の掛け間違いでは勿論、漢字の間違いでもないようです。
pegasus
 「くらえ!ペガサス流精拳!!」とあります。
 風俗店のキャッチフレーズのようですが、馬鹿馬鹿しくて笑ってしまい、思わず画像を収めてしまいました。元ネタの作者である車田正美先生は大分困惑すると思いますが、ここまでくると大胆且つ清々しくて良いと思います。
 主人公らしき人物(「星矢」ならぬ「精矢」なんでしょうか)が真顔で技を繰り出しているところもイイ味出しています。

 キャッチフレーズばかり目立ってしまっていますが、お店の名前は向かって右にちょこっと書いてある「聖闘士」さんなんでしょうね。上のお店が「アルテミス」さんというのもギリシャ神話つながりで凝っております。

 ちなみに私の中で印象に残っている車田正美先生の作品と言えば、やっぱり『男坂』『SILENT KNIGHT 翔』です!


1 2 3 4 5 6 8