キャッチフレーズ 一覧

台湾旅行2016 おまけ

 今回の台湾旅行で見つけた、うちのブログ向けのネタをご紹介いたします。

 まずは「StarFucks Cafe」です。「スタファ」ですね。近くにある麺線の店と肉まんの店目当てで通りかかったところ見つけました。
 目を疑いましたが、実際に真面目に営業されているようです。冗談でやっているのならともかく、真面目にやられているようなのでどなたか忠告してあげれば良いのにと思いました。

starfucks1starfucks2

 お次は地下鉄でよく見かけた「風の魔術師」という扇風機の広告です。これはサーキュレータとしても使えそうです。
 「うちに魔術師が居る」「魔術師を操っている」と吹聴したく、少し欲しくなりました。

kazeno

 「綺麗とエネルギー」とのことです。太和工房さんというお店のキャッチフレーズのようです。形容詞と名詞を並列させるところは面白いと思いました。

kireitoenergy

 「幸せなデザート」杏仁豆腐とのことです。「あなたに食べられて幸せ」ということでしょうか。
 お釈迦様に我が身を提供すべく火に飛び込んだウサギを思い出してしまいました。(´・ω・`)
 ちょっと小さいのですが右側に「新食感 獨特の味」と書いてありまして、それも面白かったです。

shiawasena


 今回も台湾は私を癒してくれました。台湾にはまだまだ行きたいところがたくさんあるので、お金を貯めたいと思います。ありがとう!台湾。


10人中7人は虫がいる 強力セメン圓

 またお薬シリーズです。 今度は虫下しです。

semenen01

 保壽製薬さんの「強力セメン圓」とのことです。中々イイ味を出した袋です。キャッチフレーズとして「10人中7人は虫がいる 強力虫下し サントニン主剤」とあるのですが この「10人中7人は虫がいる」という主張から昔の日本の衛生状況が分かります。

 裏面もイイ味を出しています。

semenen02

特に多い日本人の寄生虫保有率

こんなときには虫がいると思つてさしつかえない

    ・頭がいたい・お腹がいたい
    ・はきけがする・目まいがする
    ・顔色が悪い・食慾不振など

蛔虫・蟯虫駆除

 昔は寄生虫が多かったのですね。日本の衛生面の進歩を感じました。


強力 はらトンプク

 今は亡き私の母方の祖母は色々なものをきれいに取って置く習慣があったのですが、そんな祖母の家の薬箱で最近見つけました。
haratonpuku
 富山県にある保壽製薬さんの「強力 はらトンプク」です。「はらトンプク」というネーミングとそのフォント、「胃痛腹痛に はらいたみ さしこみによし」というキャッチフレーズやサラリーマンの方の苦悶の表情が中々イイ味出ています。

 他にも同様のイイ味出した品がありまして、今後いくつかご紹介していきたいと思っております。


大人の貝酔欲情、ピンク座

 某温泉地に行きまして、町をぶらぶらしていたところで見つけてしまいました。

pinkza01pinkza06

 超有名物件、ストリップ劇場「ピンク座」さんです。私の好きなムック『八画文化会館』に載っていたままで、嬉しくなって笑ってしまいました。

 全景と正面です。

pinkza03pinkza02

 反対側から撮ったところです。看板一つ一つがイイ味出しています。

pinkza04

 迷キャッチフレーズ「大人の貝酔欲情」も健在でした。

pinkza05

 感心しつつ笑いながら撮影をしていたら、隣のコンビニから買い物を済ませたおばあさまが「あらー!? 何撮っているのー。ここはもう大分前から閉まっているのよー。」とにこやか且つ甲高い声で教えてくださいました。営業していたとしても入る勇気はありませんが、閉まってしまっているのは残念です。

 ちなみに、この建物の2階が「新世界アパート」なのです。中々趣き深い歴史的建造物でした。


げんきなお米屋さん

 一月も大分経ってしまいましたが、今年初の投稿ですので明るいものを。

 ババンと目に飛び込んできました。
jankenpon01
 「米のジャンケンポン」さんです。
 インパクト重視のお名前なのだと思いますが、この格助詞「の」の使い方は外国人留学生泣かせな気がします(笑)
 「げんきなお米屋さん」というキャッチフレーズもフォントもイイ味出していますね。

 お店はこのような感じです。
jankenpon02
 ちゃんとジャンケンのロゴをお使いのところが中々洒落ています。

 近くに同規模のお米屋さんがありましたが、思わず入ってみたくなるのはこちらのお店でして、良いご飯が食べられそうです。


1 2 3 4 5 8