キャッチフレーズ 一覧

ファッショナブルクリエーター

 中々味のあるキャッチフレーズとフォントです。

 「ファッショナブルクリエーター」とのことです。流行の(装いの)創造者ということでしょうか。

 キャッチフレーズとフォントに加え、シャツを持ちスーツを着たうさぎの珍キャラクター、カタカナ表記に混じった「高級和服京洗い」の存在、「冴た色!!」との送り仮名などもイイ味を出されており、私好みに総合点の高い看板です。

 しかし同時に、昔から町で信頼されている実直な感じのお店であろうことはひしひしと伝わってきます。


飲んで歌って料理も本格派

 私にとっては『三銃士』やブランデーのイメージが強い名前です。

 「プレイクック ルイ13世」さんというスナックです。店名通りのレミーマルタンのブランデーも置かれていそうですね。

 それにしても「プレイクック」という単語は、造語だと思いますがどんな意味なのでしょう。検索してもカンボジアの「サンボー・プレイ・クック遺跡」しかヒットしません。個人的には「飲んで歌って料理も本格派」というキャッチフレーズが、テンポが良くて結構好きです。


美人ママがおもてなし

 シンプルすぎる表記で危うく見落とすところでした。

 「麻衣」さんというスナックで「美人ママがおもてなし」とあります。

 とかくこの様なキャッチフレーズのお店は冗談に走りがちなのですが、お店の外観含めさっぱりしていて冗談の要素は一切ありません。
 看板上部の女性の横顔と妖精の絵も真面目なタッチでとてもイイ味出しています。

 どんな常連さんが付いているのかを見てみたいと思いました。


しんかめです すきです たべてます

 中々の自己PR文です。

shinkamedesu

 「うどんです しんかめです そばです しんかめです すきです たべてます」との、「新亀庵」さんというお蕎麦屋さんのPR文です。リズムが良いので何度も心の中で復唱してしまいます。

 お蕎麦屋さんなのに「うどんです」から始まる点と、最後の「すきです たべてます」はお店の立場とすると違和感があるため、常連さんの立場からの言葉なのだろうかという点が、それぞれ気になったまま店の前で棒立ちしてしまいました。そしてこのフレーズが更にスピードアップして頭の中を駆け巡ります。呪文ですね。

 PRは成功だと思います!


いまショートカットが眩しい

 美容院の入口に「いまショートカットが眩しい」というキャッチフレーズで仲睦まじい絵が描かれておりました。

shortcut

 恐らく著作権的に危ない物件だろうとは思いますが、手描きで素朴なイイ味の絵です。私は特に手のつなぎ方がとても良いなと思いました。しかし「ショートカットの眩しさ」とは関係の無い絵ですね。

 イイ味わいの冒頭のキャッチフレーズはフォントもイイ味が出ています。大分年季が入った感じですが、このショートカットの眩しい「いま」はいつなのでしょう?

 年初なので、最近見つけた特にイイ味のものをチョイスしてみました。


1 2 3 4 8