キャッチフレーズ 一覧

美人ママがおもてなし

 シンプルすぎる表記で危うく見落とすところでした。

 「麻衣」さんというスナックで「美人ママがおもてなし」とあります。

 とかくこの様なキャッチフレーズのお店は冗談に走りがちなのですが、お店の外観含めさっぱりしていて冗談の要素は一切ありません。
 看板上部の女性の横顔と妖精の絵も真面目なタッチでとてもイイ味出しています。

 どんな常連さんが付いているのかを見てみたいと思いました。


しんかめです すきです たべてます

 中々の自己PR文です。

shinkamedesu

 「うどんです しんかめです そばです しんかめです すきです たべてます」との、「新亀庵」さんというお蕎麦屋さんのPR文です。リズムが良いので何度も心の中で復唱してしまいます。

 お蕎麦屋さんなのに「うどんです」から始まる点と、最後の「すきです たべてます」はお店の立場とすると違和感があるため、常連さんの立場からの言葉なのだろうかという点が、それぞれ気になったまま店の前で棒立ちしてしまいました。そしてこのフレーズが更にスピードアップして頭の中を駆け巡ります。呪文ですね。

 PRは成功だと思います!


いまショートカットが眩しい

 美容院の入口に「いまショートカットが眩しい」というキャッチフレーズで仲睦まじい絵が描かれておりました。

shortcut

 恐らく著作権的に危ない物件だろうとは思いますが、手描きで素朴なイイ味の絵です。私は特に手のつなぎ方がとても良いなと思いました。しかし「ショートカットの眩しさ」とは関係の無い絵ですね。

 イイ味わいの冒頭のキャッチフレーズはフォントもイイ味が出ています。大分年季が入った感じですが、このショートカットの眩しい「いま」はいつなのでしょう?

 年初なので、最近見つけた特にイイ味のものをチョイスしてみました。


台湾旅行2016 おまけ

 今回の台湾旅行で見つけた、うちのブログ向けのネタをご紹介いたします。

 まずは「StarFucks Cafe」です。「スタファ」ですね。近くにある麺線の店と肉まんの店目当てで通りかかったところ見つけました。
 目を疑いましたが、実際に真面目に営業されているようです。冗談でやっているのならともかく、真面目にやられているようなのでどなたか忠告してあげれば良いのにと思いました。

starfucks1starfucks2

 お次は地下鉄でよく見かけた「風の魔術師」という扇風機の広告です。これはサーキュレータとしても使えそうです。
 「うちに魔術師が居る」「魔術師を操っている」と吹聴したく、少し欲しくなりました。

kazeno

 「綺麗とエネルギー」とのことです。太和工房さんというお店のキャッチフレーズのようです。形容詞と名詞を並列させるところは面白いと思いました。

kireitoenergy

 「幸せなデザート」杏仁豆腐とのことです。「あなたに食べられて幸せ」ということでしょうか。
 お釈迦様に我が身を提供すべく火に飛び込んだウサギを思い出してしまいました。(´・ω・`)
 ちょっと小さいのですが右側に「新食感 獨特の味」と書いてありまして、それも面白かったです。

shiawasena


 今回も台湾は私を癒してくれました。台湾にはまだまだ行きたいところがたくさんあるので、お金を貯めたいと思います。ありがとう!台湾。


10人中7人は虫がいる 強力セメン圓

 またお薬シリーズです。 今度は虫下しです。

semenen01

 保壽製薬さんの「強力セメン圓」とのことです。中々イイ味を出した袋です。キャッチフレーズとして「10人中7人は虫がいる 強力虫下し サントニン主剤」とあるのですが この「10人中7人は虫がいる」という主張から昔の日本の衛生状況が分かります。

 裏面もイイ味を出しています。

semenen02

特に多い日本人の寄生虫保有率

こんなときには虫がいると思つてさしつかえない

    ・頭がいたい・お腹がいたい
    ・はきけがする・目まいがする
    ・顔色が悪い・食慾不振など

蛔虫・蟯虫駆除

 昔は寄生虫が多かったのですね。日本の衛生面の進歩を感じました。


1 2 3 4 8