自分用メモ 一覧

チェコの物価

 2010年10月中旬時点でのチェコの物価をまとめておきます。チェコの通貨単位はコルナ(Kč)です。
 私はドイツにも寄った関係上、所持金をユーロと円とで半々くらいとしたのですが、日本でユーロに両替したときのレートが悪く、ユーロからコルナに変えるより現地で円をコルナに両替した方が結果的には得でした。
czech12_01
 両替所にもよりますが、大体100円が19コルナ台から21コルナ台くらいに両替されまして、ここでは1コルナ=5円換算といたします。

 生ビール500ml 30~35コルナ(150~175円)
czech12_02
 ※ホテルのバーやレストランではこの倍くらいでした。

 瓶ビール中瓶 11~21コルナ(55~105円)
czech12_04czech12_05

 スパワッフル 7コルナ(35円)
czech2_05

 長距離バス:プラハ→カルロヴィ・ヴァリ間 140コルナ(700円)
 長距離バス:カルロヴィ・ヴァリ→プルゼニュ間 107コルナ(535円)

 鉄道二等車:プルゼニュ→チェスキー・クルムロフ間一括 211コルナ(1055円) 
 鉄道二等車:チェスキー・クルムロフ→プラハ間一括 250コルナ(1250円)
czech9_05
 プラハ市内公共交通初乗り 18コルナ(90円)
 プルゼニュ市内公共交通初乗り 12コルナ(60円)
 チェスケー・ブディェヨヴィツェ市内公共交通初乗り 12コルナ(60円)

 国際郵便 21コルナ(105円)
czech12_03

 たまご1パック(10個) 18コルナ(90円)
czech12_09

 ミネラルウォーター 7コルナ(35円)~
czech12_06

 コーラ500ml 23コルナ(115円)
czech12_07

 下のクルテクの絵本 79コルナ(395円)
czech12_08

 ホテル代は日本とほぼ同程度(高級ホテルも安ホテルも)、食事代は日本の6割ほどとお考え下さい。
 ホテルやレストランでは大抵ユーロもクレジットカードも使えます。

 ホテル代以外の物価が安くて大分助かりました・・・。


二度あることは三度目の正直。

 本好きの友人と、「有名人が人気絶頂のときに、つい世に出してしまった自叙伝類」の話をしていたところ、ふと思い出して図書館で借りてしまいました。ことある毎に話題となる堀紘一さんのサラリーマン自己啓発シリーズです。

 まずは1998年出版の『一番いいのはサラリーマン』です。
salaryman02
 「辞める自信がなかったら、徹底的にサラリーマンになりきること。どうすれば大きな努力をせずに楽しい会社生活を送れるか、気配り上手でない人が小さな工夫で残りの会社生活をいかに乗り切るかを説く。」という主旨の本です。

 次に2004年出版の『サラリーマンなんか今すぐやめなさい』です。
salaryman01
 こちらは「一流のビジネスパーソンになるには実現力が必要。実現力とは「目標達成+戦略策定+戦術選択」。これを身につけて、自分の道を切り開くにはどうしたよいのか? ビジネスマンの成功法則を具体的な事例をもとに公開。」という主旨の本です。

 魅惑のツートップを並べてみました。
salaryman05
 正反対の意味の題名の本でありますが、あまつさえ、青いスーツのサラリーマンがもう一冊の本の存在を無視すべく目を逸らしているような感じさえ受けます。 

 そんな不本意な題名の本を出してしまった過去を悔やんでいるのでしょうか・・・『人生のすべては、取り返しがつく!』です。
salaryman03
 (但しこれは2002年出版です。)

 結局取り返しはつかず、堀さんはもう自棄になったのかもしれません。2008年出版の『一流の人は空気を読まない』です。
salaryman04
 過去豹変した自分を正当化するような勢いです!(嘘)
 こちらは「会社の空気ばかり読んで、「会社のプロ」に成り下がっているようでは、国際競争の時代に生き残ることは難しい。他人と同じであることをやめる新しい発想とは?」という主旨の本です。

 最後に並べてみました。
salaryman06

 私はというとなかなか興味深く読むことができました。ちなみにWikipediaでは「一見主張に一貫性が無いように思われがちであるが、これは、単に想定読者層が違うというだけである。」と記されています。 
 長きに渡り広範囲に、ビジネス書を著すというのは大変そうです・・・。

 私は比較的図書館を良く利用しておりまして、司書の方によっては、顔も覚えてくれ、かなりフレンドリーな応対をしていただけるのですが、そのフレンドリーな司書さんが受付カウンターで表紙を並べて笑ってくれた時はちょっとうれしかったです。


チョー頼りにされてんだ。

 話題の看板を見つけまして、備忘録として残しておきました。
ro_metro
 ラグナロクオンラインのギャル版看板で、「誰にも相手にされない私、ラグナロクオンラインではチョー頼りにされてんだ。ってゆーか、見た目で判断するの、おかしくね?」とのことです。

 なかなかポジティブに現実逃避です。このプラス思考や反骨精神があれば現実世界でもうまくやっていけるのではないかと思いました。

 ちなみにちょうどこの看板を見つけたときに私が読んでいた本は、土井隆義さんの『友だち地獄』でして・・・周囲との「優しい関係」の維持のために心をすり減らし思い詰めてしまう、現代の若者の行動や心理を解説した本なのですが、そこに出てくる若者達よりも大分健康的で、ある種救いすら感じました。


ウズベキスタンの物価

 2009年11月上旬のウズベキスタンの物価をまとめておきます。(※1ドル=90円=1500スム換算)

 瓶ビール 1000~1500スム(日本円で60~90円)
 コーラ500ml 750スム(45円)
 ミネラルウォーター500ml 350スム(21円)
 ミネラルウォーター1L 600スム(36円)
uzbekmatome01uzbekmatome04
 ナン1枚 1000スム(60円)~
 食パン1斤 250スム(15円)~
 たまご1つ 180スム(11円)
uzbekmatome02uzbekmatome07
 シャシリク1本 1000スム(60円)~
 ラグマン1杯 2000スム(120円)~
 チャイ(ポット) 500~1000スム(30~60円) 
uzbekfood06uzbekfood03
uzbekmatome06

 タシケント→ブハラ 鉄道1等車 35000スム(2100円)
 ブハラ→サマルカンド 鉄道1等車 19000スム(1140円)
 サマルカンド→タシケント 鉄道1等車 24800スム(1488円) 
railways02
 地下鉄・バス・トラム 400スム(24円)詳しくはこちら
 タクシーワンメータ相当 1000スム(60円)

 国際郵便(葉書) 350スム(21円)
uzbekmatome03
 ネットカフェ1時間 1000スム(60円)
uzbekmatome05

 食事類はもっと安い店があると思います。しかし物価の安さには大分助けられました・・・。


日暮里の駄菓子問屋街

 こんなこともあったので日暮里の駄菓子問屋街に行ってきました。問屋街と言ってもかなり小さくってガッカリする人もいますが、私は結構ここが好きです。

↑駅寄りから撮影

↑逆側から撮影

↑こんな懐かしいお菓子のグッズもここでは現役です。

 何軒か回って大人買いをしてきたのですが、どこの店も礼儀正しく・愛想良く・サービス精神旺盛で商人の鑑って感じでした。色々商品の説明や街の説明もして下さり問屋街満喫です。
 でも日暮里駅周辺の再開発事業でこの問屋街も今年でなくなってしまうんですよね・・・。新しいビルに移るのは2軒だけだとか。そんな事情もあいまって商品の説明を一生懸命してくれたおばあちゃまの笑顔がなんとも言えずとても印象的でした。(私はかわいいおばあちゃまに非常に弱い。)


1 2 3 4 5