自分用メモ 一覧

オートレストラン 鉄剣タロー

 夏の終わり頃の話になりますが、車を持っている友人を巻き込み「オートレストラン 鉄剣タロー」さんに行って参りました。
tekkentaro01
 オートレストランとはWikipedia先生の言葉をお借りすると

 自動販売機による食品の販売及び摂食できる設備を備えた施設のこと。
 1970年代、長距離トラックのドライバーなど深夜に食事を摂る客を対象として、主要国道沿いの郊外型店舗が発展した。当初はハンバーガーなどの冷凍食品やカップヌードル、ボンカレーライスの自動販売機を並べ、電子レンジや給湯器で調理させる形式であったが、後に天ぷらそば(うどん)を自動調理する自動販売機なども登場し、食事のバリエーションが豊富となった。また、ドライブインと併設されている所もある。

とのことです。
 鉄剣タローさんはハンバーガー、トーストサンド、うどんの自販機が未だ現役という人気スポットでして、その内、ハンバーガーとトーストサンドを食べてみたく行ってみた次第です。

 自販機の全景です。そばなど提供できなくなった商品があったり、使えなくなってしまったボタンがあったりしているものの、メンテを重ねながら大事に使われております。
tekkentaro02tekkentaro03

 ハンバーガーの自販機とトーストサンドの自販機の告知部のアップです。
tekkentaro04tekkentaro05
 中々イイ味出しています。高級感を出そうか、庶民的に行こうかと迷った挙句にどちらでもない道に進んでしまった感があります。

 ハンバーガーもトーストサンドも2014年現在、220円で販売されていました。
tekkentaro10

 それぞれの調理中の合図です。
tekkentaro08tekkentaro09
 特にハンバーガー側の数字表示は、既に製造が終了しているニキシー管を用いたもののようです。

 チーズバーガーのパッケージと中身です。
tekkentaro11

 トーストサンドのパッケージと中身です。
tekkentaro12tekkentaro13
tekkentaro14

 長らく食べてみたかった一方で実は味には全く期待していなかったのですが、美味しくて驚きました。真面目に作られていることがわかります。またこの値段で提供されている企業努力に頭が下がります。
 なお私はチーズバーガーのパッケージがすっかり気に入ってしまいまして、お土産も兼ねてもう2つ余分に買ってしまっています。

 鉄剣タローさんの素晴らしいところはこれだけでなく、お店の人のサービス精神がそこかしこに感じられるところにあります。
 中でも壊れたUFOキャッチャーの筐体を使い、植物の苗や種を配るコーナーを設けられていたことには、ちょっと感激してしまいました。
tekkentaro16tekkentaro17
tekkentaro15
 店内には脱衣麻雀ゲームや格闘ゲームなども多く並び、男子中高生や長距離トラック・タクシーの運転手など、花には関心をあまり持たなそうな人たちがこの店の主な客層なのだと思いますが、そんなことは関係なしにこのコーナーは展開されています。
 また、お惣菜の空きケースに種を入れられている様な飾らないところが、田舎の親戚のようでちょっとグッと来ました。

 店内を一通り見学した後、椅子に座ってジュースを飲みながらこの不思議な雰囲気に浸っていると「いらっしゃいませー」「ありがとうございまーす」とお客に声を掛けながらお店の方が現れたのですが、見回りをされた後に商品の補充を始められ、ただでさえ貴重な自販機のそのまた貴重な内部まで見ることが出来ました。
tekkentaro06tekkentaro07

 40分くらいの滞在でしたが大満足でした。
 鉄剣タローさんはこのまま、文化遺産のようにずっと、そしてそっと残しておいて欲しいお店です。


マヅラ喫茶店 おまけ

 マヅラさんの店外にこんな回転式看板がおいてありました。
madura13madura14
madura15madura16
 昔から使われていたと思われるイイ味出した看板です。
 「アナタにピッタリの店」とチビ太のおでん風の絵の「お料理」という面が特にイイ味出していると思いました。

madura17
 お店ができた当初は、当時の最先端のお洒落な店だったのだと思いますが、同時に庶民的なお店でもあったのでしょうね。


マヅラ喫茶店

 夏に大阪に行った際に見に行ってきました。マヅラ喫茶店さんです。
madura01madura02

 大昔、マルビルのタワーレコードでCDを買い込んだ後、友人と休憩をとりながら何を買ったか見せ合う場所として何度か使わせてもらったことがあったのですが、最近はレトロな雰囲気で全国的に人気が出ているようで、またビルの再開発の声もちらほら聞こえてくることから足を延ばしてみた次第です。

 当時と全然変わらない雰囲気にまず驚きました。
madura03
 しかしきっと1970年の開店当初からあまり変わっていないんでしょうね。

 私が注文したウインナーコーヒーと伝票です。
madura09madura10

 伝票に書いてある文言も味がありまして 

「100坪の広いフロアでお友達と酒杯を合せ、一夕を楽しんでください。」
「ジョニ赤 コーヒー並みの値段 350円」
「料理 味と量と器で勝負する 500円前後」
「パーティ予約 大歓迎4~5人のパーティでも特別の席を作ります。良い雰囲気とセンス、そして安いことで喜ばれています。」

 といった一貫したレトロな感じです。

 なお、私以外にたまたま客が居なかったことから、お店の方が話しかけてくれました。
 会話の中で、今は東京に住んでいるけれども昔何度かお邪魔していて、変わらない雰囲気に懐かしさと驚きを感じている・・・ということを伝えたら笑ってくださいました。
 ちなみに店名はインドネシアの島の名前から取ったとのことで、きっとマドゥラ島のことですね。

 「店内を少し撮影しても良いですか?」と尋ねたところ「ええ、どんどん撮ってください」と快く許可してくださったところもまた素敵でした。
 以下はその一部です。
madura04madura05
madura06madura07
madura08

 最後にメニュー表(と注意事項)です。
madura11madura12

 皆さんも是非1970年代のレトロな雰囲気を味わってみてください。


超「高速そば」

 用事で神戸に行った折、昼食をどこで取ろうかという話になり行ってみました。阪急・阪神・神戸鉄道の接続駅、新開地駅構内にある「高速そば」さんです。
kosokusoba
 もともと神戸高速鉄道系列の駅そば屋さんのようですが、他の神戸高速鉄道の駅には存在せず、また接続している路線においては「阪急そば」「阪神そば」「山陽そば」の大勢力に囲まれるも、健気に慎ましく運営されているお店です。
 名前が気になって行ってみた訳ですが、何で「神高そば」にせず、「高速そば」にしたんでしょうね?

 お店の全景と券売機です。
kosokusobakosokusoba

 私が注文したきざみそばです。関西ならばうどんだと思いますが、折角店名に「そば」がつくのでそばを頼んでいます。
kosokusoba
 客が私たちしか居なかったこともあり注文から30秒くらいで出てきました。出汁は当たり前ですが関西風の出汁です。

 スケジュールを縫い、慌しく電車に乗って来店し、さっと提供されてさっと食べるという、まさに超「高速そば」でした。

 鉄道は経営統合が進みましたが、この「高速そば」という名前は残っていて欲しいものです。


桃太郎神社 その3

 さて宝物館です。本殿とは反対側に在ります。
 200円を払って、柵を抜けると祥雲先生の作品が出迎えてくれます。
momotaroshrine_20momotaroshrine_21

 広場の中央に位置するのは、この神社で二番目に有名な作品「やさしい鬼」です。
momotaroshrine_22
 表情といい仕草といい色といい、何ともイイ味を出した像です。
 色々な角度から撮影してみました。
momotaroshrine_23momotaroshrine_24
momotaroshrine_25momotaroshrine_26
 最後はやはり背中に乗せてもらっております。

 観光地の定番、顔出し看板もありました。
momotaroshrine_27

 お次は「桃太郎帰還」の像です。
momotaroshrine_28
 かなり喜びは抑えられた表情ですね。

 お次もまた有名な作品、「鬼退治」です。
momotaroshrine_29momotaroshrine_30
 赤い八重桜が美しいです。狂気すら感じさせます。

 この広場のベンチの一つがスポンサーつきでした。
momotaroshrine_31
 ファミリー向けの場所によくスポンサードするなと思いますが、穴場なのかもしれません。結婚相談所なのに受付電話番号が携帯電話のそれというのは少々軽すぎる感じがします。キャリアによっては通話料もすごくかかりますし。

 さていよいよ宝物館です。
momotaroshrine_32
 やさしい鬼のポジションが妙にイイ味出していますね。
 「昔の物いろいろ ●こちらもごらんください●」という看板もイイ味出しています。

 中に入るとこの日何度目かの桃太郎御一行がお迎えしてくれます。
momotaroshrine_33

 宝物館とあっていろいろ桃太郎や鬼にちなんだものがありました。たくさんあったので印象に残ったものをピックアップします。
 まずは「鬼の金棒」と「珍宝」です。
momotaroshrine_34momotaroshrine_35
 珍しい宝のほうは石にしか見えませんが・・・。あとこのブログ今月はこんなものばかりですね。

 賛否両論シリーズはまだまだ続きます。「鬼のミイラ」「桃の化石」「鬼の角」です。
momotaroshrine_36momotaroshrine_37momotaroshrine_38
 実物があったらツッコミの嵐だったと思いますので、写真だけで想像するくらいがちょうど良いのかもしれません。

 ちなみにこの宝物館、近所の人から寄付されたがらくた昔の生活用品が陳列されています。
 一番参考になったのは、戦時中、桃太郎が国威高揚のシンボルとして使われていたので、戦後教科書から一掃されたという話でした。確かにGHQとしては面白くない話かもしれないですね。

 滞在時間は2時間弱というところですが、すっかり桃太郎の世界に浸ることができました。中々のお勧めスポットです。5月5日には桃太郎祭りがありますので、是非行かれてみてはいかがでしょうか。

 私もまたいつの日か再訪したく思います。

momotaroshrine_39
 またね~!


1 2 3 4 5