サッカー 一覧

金玉賞2011

 今年のFIFA金玉賞※は我らがリオネル・メッシが3年連続で獲ってくれました。「’Hat trick’ de Oro」です。今年は昨年と違い、全くの順当な結果だったと思います。
 得票率は以下の通りです。

1. Lionel Messi (FC Barcelone) 47.88 %
2. Cristiano Ronaldo (Real Madrid) 21.60 %
3. Xavi (FC Barcelone) 9.23 %

 最優秀監督賞もペップがこれまた全くもって順当に獲得してくれました。
 得票率は以下の通りです。

1. Josep Guardiola (FC Barcelone) 41.92 %
2. Alex Ferguson (Manchester United) 15.61 %
3. José Mourinho (Real Madrid) 12.43 %

 なお、今年の女子の部は澤穂希さん、女子チーム最優秀監督賞は佐々木則夫さんがそれぞれ受賞されております。
 得票率は以下の通りです。

1. Homare Sawa (Japon) 28.51 %
2. Marta (Brésil) 17.28 %
3. Abby Wambach (USA) 13.26 %

1. Norio Sasaki (Sélection japonaise) 45.57 %
2. Pia Sundhage (Sélection américaine) 15.83 %
3. Bruno Bini (Sélection française) 10.28 %

 ペップ以上の佐々木監督の圧勝っぷりがすごい・・・。

 バルサ好きの日本人にとってはたまらない内容だったと思います。全く想像しておりませんでしたがこんな日が来るものなのですね。とても感慨深いです。

 さて来年、メッシの4連覇はなるでしょうか?

※FIFA世界最優秀選手賞とフランスフットボール誌主催のBallon d’Or (バロンドール)が統合された賞のことです。
2010年の結果
2009年の結果
2008年の結果
2007年の結果
2006年の結果
2005年の結果


FIFAクラブワールドカップ2011 おまけ

 前回のエントリーのおまけです。

 アップ時の選手入場シーンと円陣です。
cwc2011-101cwc2011-102
 フィールドプレイヤーの中では、プジョールが最初に入場しています。さすがカピタン。

 選手紹介時、ネイマールの紹介で沸くサントスサポーターです。
cwc2011-103
 応援の声はサントス>バルサでした。南米のファンは熱狂的ですね。

 配布されたお弁当です。
cwc2011-112
 翌日、会社のランチミーティングで似たような内容のお弁当を食べることになるとは、この時は知る由もありませんでした。

 試合中のペップです。ずっとライン際で指示を出し続けていました。
cwc2011-104

 試合直後の画像です。
cwc2011-105
 健闘を称えあっていて両チームとも紳士的です。

 すごくうれしそうなサンドロ・ルセー会長と、カップリフト時の花火です。
cwc2011-106cwc2011-107

 スタジアム一周の画像です。トロフィーは誰が持っているのかと思っていると
cwc2011-108cwc2011-109
 サンタの帽子を被ったダニエウ・アウベスがちゃっかりひとり占めしていました。

 ペップの胴上げシーンとイムノが流れる中、チーム一同が輪になって踊っているシーンです。
cwc2011-110cwc2011-111

 最後はこの方で締めましょう。日本への応援メッセージを送るドン・アンドレスです。
cwc2011-113
 銀座線でお会いしたかったです。

 良い試合を見せていただいて、本当に感激しました。Visca el Barça!


2度目の世界一!

 FIFAクラブワールドカップ2011 決勝(及び3位決定戦)に行って参りました。
cwc2011-001cwc2011-002
cwc2011-004

 我らがFCバルセロナは、3-4-3のフォーメーションで南米王者のサントスを相手にボール支配率76% の華麗なサッカーを終始見せつけ、4-0で快勝してくれました。

よくやってくれた選手とフォーメーションです。

試合開始時
チアゴ    メッシ   アウベス
       セスク       
 イニエスタ      チャビ  
       ブスケ       
アビダル    ピケ  プジョール
       バルデス      

試合終了時
ペドロ    メッシ   アウベス
       セスク       
 イニエスタ      チャビ  
       ブスケ       
アビダル  フォンタス マスチェラーノ
       バルデス      

得点:メッシ(17分・82分)・チャビ(24分)・セスク(45分)
交代:マスチェラーノ(←ピケ 56分)・ペドロ(←チアゴ 79分)・フォンタス(←プジョール 85分)

 試合開始前にバルサのメンバーが「MUCHA FUERZA GUAJE」と怪我のビジャを気遣うTシャツを着ていたところから、フライングで少々感動気味だったのですが、試合ではとにかくパス回しがきれいで、90分間観戦していて「ああ~」「おぉーっ!」「うまいっ」等と感嘆の言葉のみ言っていたような気がします。

 メッシ・セスク・チャビ・イニエスタは頻繁にポジションチェンジをしていました。サントスのムリシ・ラマーリョ監督がバルサのフォーメーションを「3-7-0」と言っていましたが、確かにそうとも取れるような変幻自在な動きです。
 特にイニエスタはクラシコからずっとキレキレです。銀座線でお会いしたかったです。

 ダニエウ・アウベスは試合開始直後から最前線にドタバタと張り続けていてボールを持つ度に笑ってしまいました。個人的には癒しキャラとして見ています。

 プジョールはネイマールを見事なまでに完封していました。前々回はアレシャンドレ・パトに手こずったんですけどね。まだまだ上手くなるのでしょうか。
 ネイマールは1点もののチャンスがあったのですが、決め切れなかったのがこの日の試合を象徴しています・・・。

 試合最終盤にフォンタスが出てきたのが良かったです。各種決勝の最後に出る若手は必ず出世しているので、フォンタスも期待できます。バルサとしては後進育成も欠かせません。

cwc2011-003

 ペップが「このチームは記憶に残る」と言っていましたが、その通りの試合の質でした。歴史の目撃者となれて大満足です。


4度目の欧州制覇

 やってくれました!チャンピオンズリーグ決勝でマンU相手に3-1で勝利し、4度目の欧州制覇です。
大舞台でも変わらず、自分達のサッカーを貫き通しての勝利です。

 マンUはバルサ対策として極端な守備隊形を敷くというようなことなく、ハイプレスと早い突破で「らしさ」を出しており、ビッグクラブ同士の姑息さがない正々堂々の気持ちの良い好ゲームだったと思います。

 良くやってくれた選手達とそのフォーメーション及び得点者は以下のとおりです。
       メッシ       
ペドロ           ビジャ
  イニエスタ    チャビ 
       ブスケ       
アビダル        アウベス
    ピケ  マスチェラーノ 
      バルデス      

得点:ペドロ(27分)・メッシ(54分)・ビジャ(69分)
交代:ケイタ(←ビジャ86分)・プジョール(←アウベス88分)・アフェライ(←ペドロ92分)
ボール支配率:67%

マスチェラーノ:今期終盤何度か試されように、この試合ではセンターバックとして出場しました。気の利いた寄せで相手の好機の芽を摘み、かなり効果的でした。
ピケ:的確なラインコントロールでチチャリートを完全封鎖していました。フィードも良く安心して見られました。
アビダル:フル出場でしたが全くブランクを感じさせない動きでした。表彰式でのトロフィー上げをプジョールから譲ってもらっており、チームメイトから信頼されているのだと思いました。
プジョール:試合を締めるために投入されたんでしょうね。トロフィー上げをアビダルに譲ったのは粋です。
ブスケ:試合最終盤、接触で倒れた際に少々過剰に痛がって時間稼ぎしていました(笑) このしたたかさは、今までのバルサにはないものだったので貴重な人材です。
チャビ:今日も素晴らしいパスの連続でした。文句のつけようがありません。
ビジャ:しばらく本調子ではありませんでしたが、ファン・デル・サールの死角をついたシュートはさすがです。
ペドロ:先制点をありがとう!ロスタイムに途中交代で出た2年前と比べてものすごい成長です。
メッシ:メッシが不在でもバルサはそこそこやれるとは思いますが、メッシが居ると比類なきチームになります。「イングランドでは得点できない」というジンクスをものともせず、今日も大活躍でした。生ける伝説です!

 もうドリームチームと呼んで良いでしょう!Visca el Barça!


金玉賞2010

 今年から創設されたFIFA金玉賞※は我らがリオネル・メッシが2年連続で獲りました。得票率は以下の通りです。

1. Lionel Messi : 22.65%
2. Andrès Iniesta : 17.36%
3. Xavi : 16.48%

 メッシに対する記者票は少なかったものの、各国代表監督及びキャプテンの票が多かったとのことです。メッシはこれからも獲得するチャンスが続くと思うので、イニエスタかチャビに獲ってもらいたかったのが本音なのですが・・・好きなバルサの選手ですし、カンテラの勝利を素直に喜ぶことにしたいと思います。メッシにはこのまま連続獲得記録を延ばしてもらいましょう!
 (しかしより一層メディア受けする選手が選ばれる賞になってしまいましね・・・。来年はメッシとクリスティアーノ・ホナウドとの一騎打ちでしょうなぁ。)

 ちなみに最優秀監督賞は

1. José Mourinho :35.92%
2. Vicente Del Bosque :33.08%
3. Josep Guardiola :8.45%

という内容でした。来年のこの賞はペップが獲ってくれる筈です。

※FIFA世界最優秀選手賞とフランスフットボール誌主催のBallon d’Or (バロンドール)が統合された賞のことです。
2009年の結果
2008年の結果
2007年の結果
2006年の結果
2005年の結果


1 2 3 4 5 12