アンギャン省ロンスエン市

 今回の目的地、アンギャン省及びロンスエン市のご紹介をいたします。
 アンギャン省はホーチミン市の西側、メコンデルタ地帯にある省です。
vietnamap2011
 ホーチミン市からアンギャン省の省都ロンスエン市までは、SUV系の車を飛ばして休憩込みで5時間ほどでした。

 「アンギャン省」は漢字で書くと「安江省」となるようです。(因みにロンスエン市は「龍川市」、ドンスエン市は「東川市」)
vietnam2011_2_07

 ロンスエン市はベトナム社会主義共和国初代国家主席のトン・ドゥック・タンの生誕地として知られています。
vietnam2011_2_01

 ロンスエンは川沿いの街なのですが川に橋はなく、フェリーで渡って入ります。
vietnam2011_2_02vietnam2011_2_03
 川を渡って街に入るとトン・ドゥック・タン像が出迎えてくれます。

 てっきり田舎なのだろうと思っておりましたら、そこはさすがに国家主席のお膝元、結構開けた街でした。昔ながらの市場の他に、大きな教会、デパート、スーパー、テレビ塔、パソコンショップなどもありました。日本人の私でも生活には全く困らないと思われます。
vietnam2011_2_04vietnam2011_2_08
 夜は21時ごろまで夜店が並び、朝早くから夜まで活気があります。

 この辺りは戦火にほとんど遭わなかったようで、街の周りは肥沃なメコンデルタの土地を生かしたきれいな田園風景が広がっておりました。
vietnam2011_2_05vietnam2011_2_06

 アンギャン省ロンスエン市は小さいながらもきらりと光る印象的な街でした。


コメント

  1. 管理人 より:

    私が旅行に行ったときも素朴で親切な方ばかりでした。とても良いところです。

  2. 匿名 より:

    恋人がロンスエンの出身ですとても優しい娘です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。