小物ネタ 一覧

目覚しい時計

 昨年日本でも話題になった「MINISO」(メイソウ/名創優品)に行ってみました。
miniso01

 店名は「名創」の中国読みだろうと思っていたのですが、店員さんが店内マイクで「ファンイングァンリン(歓迎光臨)、ミニソウ!」と連呼していたので、正式な呼び方は「ミニソウ」なんでしょうね。

 ネットニュースや様々なブログで話題になっているとおり、中国で製造された商品に不慣れな日本語のパッケージ・タグをつけて販売されております。「日本公司監制」という位置づけのようです。
 大抵の小物雑貨は10元(日本円で200円)で売られていますが、ミニ家電などもあり品揃えは中々のものでした。
 ざっと面白かったものを紹介いたします。一応店員さんに撮影許可を貰っています(笑)

 「Peeler お魚さん」です。
miniso02
 つぶらな瞳が何とも言えません。

 「鳥語花香(ちょうごかこう)」です。
miniso03
 中々こういう商品で使われない四字熟語が日本っぽくなくて新鮮です。ひらがな表記にしなくても良いのになぁと思いました。「ミニ紙ハンカ」という表示がイイ味出しています。

 「上品ドアマット」です。
miniso04
 デビュー当時の椎名林檎さんだったらどんな歌詞が展開されるでしょう。

 権利問題の発生しそうな小物もしっかり存在感を出しておりました。
miniso06miniso07

 私が一番気になった商品「目覚しい時計」です。
miniso05
 雑に扱われても大丈夫なようにシリコンカバーで覆われています。これは25元(日本円で500円)でした。
 これ以外にもツッコミたくなる商品がたくさんたくさん並んでいます。

 ちなみに私はiPhoneのライトニングケーブル(「USBケーブル」)を購入しています。
miniso12
 これも10元でした。成田空港で高いものを買ってしまっていた自分を少し恨みました・・・。

 店内に張られていた企業イメージポスターです。
miniso08miniso10
miniso09

「今の 生活が好き。だから、名創優品。」
「ここから無限に広がる ハッピーライフを 「いいね!」を いつもあなたに。」

とのことですが、皆さん日本人っぽくない方々なのが気になります。

 店内はお客さんが多く結構活気がありました。中国に進出しているDAISO(中国では10元ショップ)よりもお客が多かったくらいです。今現在においては広く受け入れられているようですね。

 後日談・・・
 帰国後、高田馬場にある「MINISO」日本旗艦店に行ってきました。
miniso11
 旗艦店とは言え、こじんまりとし過ぎていて品揃えも少なかったのですが、私の買ったUSBケーブルが200円で、「目覚しい時計」が500円で売られていました。なんと中国と同じ値段です!両方とも思わず購入してしまいました。
 輸送費を考えると大変だと思いますが、大丈夫なのでしょうか。


エビアンはどこ?

 ちょっと古めのエビアンの自動販売機です。「この手の自動販売機ってすべて同じ銘柄を並べたりするんだよね~」と、下の「¥100」の貼り紙に嫌な予感を感じつつも、商品を覗いてみましたら
eviaaan
 肝心のエビアンがありませんでした・・・。エビアンを飲んでさっぱりしようと思っていた人はこのラインナップでしたら「十六茶」を飲むしかないのでしょうか。
 「雉と見せかけて烏を売る吉四六さん」の話が思い浮かんだのですが、これはこれでイイ味のある自動販売機だと思います。


「おやじ、カレーを熱燗で!」

 数奇な運命に翻弄されつつ天竺に向かわれた、高岳親王にお見せしたくなるような提灯です。
indiancurry
 インドカレーと書かれた提灯です。「和印折衷」なのでしょうか。「インドカ」まで調子良く書いた後、「レー」のスペースが足りなくなってしまったように思えます。
 なお、お腹がすいていたこともありお店に入ってみたのですが、とても美味しいカレーでした。近くに行った際はまた寄ろうと思っています。

 ちなみに店内にもこの提灯を飾っておりました。大量生産のようです。カレーのスパイスの様にじわじわ来る提灯でした。


上海旅行2013 おまけ

 今回の上海旅行で見かけたうちのブログ向けのおまけネタです。

 まずはおもちゃから。
shanhai2013_6_01
 「建造派」とあります。ちゃんとしたおもちゃ屋さんで見かけたのですが、どんなロボットなんでしょう。ショベルカーから変形するようで後方支援っぽい感じを受けます。

 下の服は七浦路で見かけました。
shanhai2013_6_02
 姉妹でこんな差をつけられたら、怒りより先に悲しみが来そうです・・・。

 同じく七浦路にて、来年40周年のキティさんです。
shanhai2013_6_03
 キティさんのパチもんは健在でした。40周年以後も当面続きそうです。

 上海は街として格段の進化を遂げ、想像以上に洗練されてきておりますが、七浦路は相変わらずでちょっと懐かしく感じました。「Hello! Fake! Fake bags! Very cheap!」なんて呼びかけるパチもん売りが多数寄ってきたり・・・。面白いネタに遭遇したい方は是非。
 なお七浦路で買えそうな大分安くてちょっと可愛い服は、原宿か日暮里で事足りると思います(笑

 夕方から出だす路上販売で見かけました。
shanhai2013_6_05
 リラックマ他のポーチ類です。これもパチもんだと思いますが、リラックマ好きの知人に買って帰ろうか3分ほど悩みました。

 最後に今回の旅で一番笑ったTシャツです。
shanhai2013_6_04
「TAKESHY KUROSAWA」とあります。これは日本が誇る国際派映画監督お二人なのでしょうか。去年の香川選手のユニフォームといい、親日派は大分多いのかもしれないですね。

 今回もとても良い旅でした。友人の駐在中にまた上海を訪れたいと思っています。


ロシアのオリジナルキャラクター

 気の利く後輩がモスクワで買ってきてくれました。
russianmouse_01
 ねずみのキャラクターのマトリョーシカです。
 後輩はこれを見つけた際、真っ先に私への土産にぴったりだと思い、帰国して渡すところを想像し店の中で吹いてしまったところ、すかさず店員から「これはロシアのオリジナルキャラクターで、Russian Mouseだ」と旧共産圏的な無表情のままに言われ、その強引さや粘り強さ、諦めの悪さに二度吹いてしまったそうです。

 さてその「オリジナルキャラクター」を検証していきましょう。
 まず大きさですが、フリスクのケースと並べてみました。こちらを参考にしてください。
russianmouse_02

 マトリョーシカですので1つ開けてみますと、今度はオリジナルな犬のキャラクターが顔を出してくれました。
russianmouse_03

どんどん開けて行きますと、どんどんとオリジナルキャラクターが現れます。
russianmouse_04
 小さい方から2番目のキャラクターは何の動物かも分からず、本当にオリジナルなのかもしれません。

 マトリョーシカの断面と1番小さいアヒルのキャラクターの比較です。
russianmouse_05
 職人さんの努力はその方向性に疑問は残るものの素直に認めたく思います。

 なお、「オリジナルなハチミツ好きの黄色い熊のキャラは無かった?」と聞いてみたところ、有ったのだが造りや色塗りが雑だったので買うのを止めたとのことでした。ちょっと見てみたかったです。

 ロシアには「チェブラーシカ」や「こぐまのミーシャ」など、誇るべき愛らしいキャラが存在するのに、どうしてここを目指すのかという点は不思議に思いました。


1 2 3 4