中国 一覧

成龍電影芸術館

 昨年オープンしたという「成龍電影芸術館(成龙电影艺术馆)/ JC Film Gallery」に行って参りました。
 昼ごはんを食べに行きその帰りに寄ったのですが、今回唯一観光っぽいお出かけかもしれません。

jcfilm01jcfilm02

jcfilm03jcfilm04

 「JC かぁー、女子中学生でなくジャッキー・チェンかぁー」という同行の友人のつぶやきがツボに入りつつ、建物内に入っていきます。ちなみに入館料は158元(日本円で3160円)と中々強気なお値段です。
 中に入るとジャッキーの動画がお出迎えしてくれます。

jcfilm05

 『プロジェクトA』での時計台からの落下シーンによる大怪我の後、このような記念館を設けようと考えたそうです。
 ファンの方にはたまらないものがたくさんありました。

jcfilm06jcfilm07

 フィルムスターなので映画のワンシーンを切り取った像は多めです。

jcfilm08jcfilm09

jcfilm10jcfilm11

 個人的には「ジャッキー・チェン、怪我の歴史」といった趣きのワンフロアがとても印象に残っています。様々な箇所の骨を折ったり、大やけどをしたり、意識を失ったり・・・と動画を交えた説明で背筋が寒くなること請け合いですが、よくご存命だと思います。
 あと、今までに送られてきたファンレターなどのコーナーがあったのですが、日本からのものがとても多く、日本に馴染み深いスターなのだということを改めて感じました。

 この記念館、難点はお土産のラインナップが冴えないところです。去年出来たばかりというのに・・・。会社のばら撒き土産をここで買おうと楽しみにしていたのですが・・・。

jcfilm12

 しかし「成龍電影芸術館」は『ポリスストーリー』の主題歌「英雄故事」の最初のフレーズ「憑自我 硬漢子 挨出一身痴」という生き様をまざまざと見せつけてくれる記念館でした。


目覚しい時計

 昨年日本でも話題になった「MINISO」(メイソウ/名創優品)に行ってみました。
miniso01

 店名は「名創」の中国読みだろうと思っていたのですが、店員さんが店内マイクで「ファンイングァンリン(歓迎光臨)、ミニソウ!」と連呼していたので、正式な呼び方は「ミニソウ」なんでしょうね。

 ネットニュースや様々なブログで話題になっているとおり、中国で製造された商品に不慣れな日本語のパッケージ・タグをつけて販売されております。「日本公司監制」という位置づけのようです。
 大抵の小物雑貨は10元(日本円で200円)で売られていますが、ミニ家電などもあり品揃えは中々のものでした。
 ざっと面白かったものを紹介いたします。一応店員さんに撮影許可を貰っています(笑)

 「Peeler お魚さん」です。
miniso02
 つぶらな瞳が何とも言えません。

 「鳥語花香(ちょうごかこう)」です。
miniso03
 中々こういう商品で使われない四字熟語が日本っぽくなくて新鮮です。ひらがな表記にしなくても良いのになぁと思いました。「ミニ紙ハンカ」という表示がイイ味出しています。

 「上品ドアマット」です。
miniso04
 デビュー当時の椎名林檎さんだったらどんな歌詞が展開されるでしょう。

 権利問題の発生しそうな小物もしっかり存在感を出しておりました。
miniso06miniso07

 私が一番気になった商品「目覚しい時計」です。
miniso05
 雑に扱われても大丈夫なようにシリコンカバーで覆われています。これは25元(日本円で500円)でした。
 これ以外にもツッコミたくなる商品がたくさんたくさん並んでいます。

 ちなみに私はiPhoneのライトニングケーブル(「USBケーブル」)を購入しています。
miniso12
 これも10元でした。成田空港で高いものを買ってしまっていた自分を少し恨みました・・・。

 店内に張られていた企業イメージポスターです。
miniso08miniso10
miniso09

「今の 生活が好き。だから、名創優品。」
「ここから無限に広がる ハッピーライフを 「いいね!」を いつもあなたに。」

とのことですが、皆さん日本人っぽくない方々なのが気になります。

 店内はお客さんが多く結構活気がありました。中国に進出しているDAISO(中国では10元ショップ)よりもお客が多かったくらいです。今現在においては広く受け入れられているようですね。

 後日談・・・
 帰国後、高田馬場にある「MINISO」日本旗艦店に行ってきました。
miniso11
 旗艦店とは言え、こじんまりとし過ぎていて品揃えも少なかったのですが、私の買ったUSBケーブルが200円で、「目覚しい時計」が500円で売られていました。なんと中国と同じ値段です!両方とも思わず購入してしまいました。
 輸送費を考えると大変だと思いますが、大丈夫なのでしょうか。


上海に行ってきました。2015

 また友人に会いに上海に行って参りました。

shanhai2015_1_01shanhai2015_1_02

 今回も特に観光などはせず、飲んで食べて散歩して・・・といっただらだらとした旅でしたが、心身ともにリフレッシュできました。

 例によって小ネタから
 ・荷物の準備は家を出る1時間前に始めまして、それが祟り友人への土産に買っておいた虎屋の羊羹と iPhone、iPad のケーブルを忘れ、空港で「パニックバイ」に走りました。次回は気をつけます。

 ・1元がほぼ20円になっていて、且つ物価も上がっていて焦りました。

 ・街中はコーヒーの店が増えましたね。日本と変わらない位の軒数です。

 ・マンション販売のビラ配りが私にまでしつこく、地下鉄の中で付き纏われたのには閉口しました。特に郊外がすごかったです。

 ・今回も私はどこの国出身なのか分かられずじまいでした。

 ・友人が食べ物に気を使ってくれたため、今回は全く太らずに帰ることができました。


上海旅行2013 おまけ

 今回の上海旅行で見かけたうちのブログ向けのおまけネタです。

 まずはおもちゃから。
shanhai2013_6_01
 「建造派」とあります。ちゃんとしたおもちゃ屋さんで見かけたのですが、どんなロボットなんでしょう。ショベルカーから変形するようで後方支援っぽい感じを受けます。

 下の服は七浦路で見かけました。
shanhai2013_6_02
 姉妹でこんな差をつけられたら、怒りより先に悲しみが来そうです・・・。

 同じく七浦路にて、来年40周年のキティさんです。
shanhai2013_6_03
 キティさんのパチもんは健在でした。40周年以後も当面続きそうです。

 上海は街として格段の進化を遂げ、想像以上に洗練されてきておりますが、七浦路は相変わらずでちょっと懐かしく感じました。「Hello! Fake! Fake bags! Very cheap!」なんて呼びかけるパチもん売りが多数寄ってきたり・・・。面白いネタに遭遇したい方は是非。
 なお七浦路で買えそうな大分安くてちょっと可愛い服は、原宿か日暮里で事足りると思います(笑

 夕方から出だす路上販売で見かけました。
shanhai2013_6_05
 リラックマ他のポーチ類です。これもパチもんだと思いますが、リラックマ好きの知人に買って帰ろうか3分ほど悩みました。

 最後に今回の旅で一番笑ったTシャツです。
shanhai2013_6_04
「TAKESHY KUROSAWA」とあります。これは日本が誇る国際派映画監督お二人なのでしょうか。去年の香川選手のユニフォームといい、親日派は大分多いのかもしれないですね。

 今回もとても良い旅でした。友人の駐在中にまた上海を訪れたいと思っています。


四川どくとくの魚

 続きで面白かった日本語メニューです。四川料理店で見かけました。

 「四川どくとくの魚」とのことです。
shanhai2013_5_01
 この「青衣江雅魚」というのは、四川省の雅安を流れる青衣江という川のサケ科の魚とのことです。あどけない感じの顔をした魚ですね。

 「野生とくべつの魚」です。
shanhai2013_5_02
 養殖ではないのでしょうけど特別なのですね。「冷水水蜂子」とは冷たい川の底に棲むナマズの仲間の魚だそうです。
 先のものと合わせ「どくとく」「とくべつ」が平仮名なのがかわいらしいです。

 「特殊なやり方の魚」です。
shanhai2013_5_03
 「特殊なやり方」が何をさすのか分かりませんが、これは銅鍋にネギ大目の中、「黄辣丁」というナマズの仲間の魚を辛い味付けで食べるようです。

 この店で面白い日本語メニューは魚に集中していました。日本では天然記念物のオオサンショウウオも食べることができるようです。しかし私たちはこれらを食べずに、よく知られた四川料理を食べました。


1 2 3