ノルウェー 一覧

ノルウェー旅行おまけ

 ノルウェー旅行のおまけです。

 公共交通機関がとても発達していました。
n_bus.jpg
 バスの中です。結構きれいです。

n_metro.jpg
 地下鉄の路線図と・・・
n_metro_1.jpgn_metro_2.jpg
 (地上ですが)地下鉄の車両です。自転車の持ち込みがOKで私は自転車に囲まれました。

n_tram.jpg
 トラムの運転席横からの光景です。

 すべて初乗りが22クローネ(450円ほど)とこれまた結構高めです。私は70クローネの一日乗車券を購入して乗り倒しました。 

picto.jpg
 ホテルにあったピクトさんです。 火から逃げるピクトさんはなかなかイイ味出しています。

oscar.jpg
 『Kon-Tiki』が1951年のアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を獲った時のオスカーです。オスカー像は初めて見ました。

misosoup.jpg
 日本料理店で出てきた味噌汁です。味には違和感はなかったです・・・。

salmiakk.jpg
 北欧ということだけあって、サルミアッキ(ノルウェー語で「salmiakk」)系のお菓子もいろいろとありました。食べられないってことはないですが、なかなか強烈な味です。

 今回の旅行では、ほぼオスロ市内にしか居なかったのですが、きれいで治安が良く、料理がおいしいので、物価の高ささえ気にならなければ落ち着いた旅行を希望する中高年以上の方におすすめの旅行先と言えましょう。

karljohan.jpg
 
 ありがとうノルウェー ヽ(*´∀`)ノ


フログネル公園

 「おこりんぼうの像」と121人の老若男女が組み合わさった「モノリッテン(人間の塔)」が有名なフログネル公園は今回私が特に気に入ったスポットです。
frogner_01.jpgfrogner_02.jpg
 フログネル公園グスタフ・ヴィーゲラン(Gustav Vigeland 1869-1943)が、オスロ市から構想に必要な敷地・費用等一切の提供を受け、1921年に完成させたなんとも大らかな公園です。

 「人間の一生」をテーマに200体程の彫刻が展示されているのですが、ヴィーゲラン自身は作品に名前を付けず、解説も拒否しています。

 以下は特に「解説聞きたいなぁ~」と思った少々シュールな作品です。皆様もご観賞ください。
frogner_03.jpgfrogner_04.jpg
frogner_05.jpg
 バックドロップ・一本背負い・ベアハッグ・・・と男女の戦いシリーズです。

frogner_06.jpgfrogner_07.jpg
 振り返りアピール2種です。

frogner_08.jpg
 これは本当に何を表していたのでしょうか・・・。

frogner_09.jpg
 女性が二人でつくった♂のマークです。

frogner_10.jpg
 変形一本背負いです。

frogner_11.jpg
 「生命の輪」と呼ばれている像です。たまたま周りに人が全然居らず、長時間見入ってしまいました。

 裸体像ばかりなのですが非常に健康的で、人生の縮図を味わうことができ、何時間居ても飽きないと思います。

 下は、公園の入り口近くにあったヴィーゲランの銅像です。公園内で唯一ヴィーゲランが作らなかった彫刻でしょうか・・・。
vigeland.jpg
 かもめのフン攻撃を受けています。顔は真剣ながらも優しく許してくれそうな気がします。


ノルウェーの交通標識

 私が撮影したノルウェーの交通標識です。

 まずは歩行者信号と進入禁止標識です。標識は進行方向に向け凸面で曲げてありますが分かりやすいのでしょうか。
shingo_01.jpgshingo_02.jpg
 赤信号は注意度二倍なんですね。

 歩行者天国の標識です。 これはかわいらしいですね~。
n_hyoshiki_01.jpg

 工事中の標識です。
n_hyoshiki_02.jpg

 バスとタクシー以外の車両の通行禁止の標識です。
n_hyoshiki_03.jpg

 横断歩道の標識です。これはちょっと怪しい感じですね・・・。
n_hyoshiki_04.jpg

 トラムが横切るので注意という標識のようです。危険ということ以外はちょっと分かりにくいかも。
n_hyoshiki_05.jpg

 ヘラジカに注意の看板を見つけたかったのですが、私の行ったところにはありませんでした・・・。郊外まで行かないとダメみたいですね、残念です。

 おまけ。多分公的なものではないと思いますが、こんなものをバイキング船博物館の駐車場で見つけました。 キャンプ禁止とのことです。
n_hyoshiki_06.jpg
 バカンス期間中の不法滞在者によっぽど困ったのでしょうか(笑)


ノルウェーに浸透している日本のもの

 ノルウェー観光情報については他のサイトにお任せして、瑣末なことを書いていこうと思います・・・。

 今回の旅行で日本人を見ることはほとんどなかったのですが、日本由来のものはちょくちょく見かけました。画像の撮れたものを紹介していきます。

 寿司はいろいろなところで見かけました。やはりサーモンとえびが多かったですね。
nor_jpn_01.jpg
 勿論ノルウェーの方が作って(握って?)います。

 サッポロ黒ラベルが置いてありました。(しかし私はRingnesというノルウェーのビールばかり飲んでいました。)
nor_jpn_02.jpg
 小瓶で650円というところです・・・。(店で飲んだら当然もっと高い!)

 日本の漫画はどの国に行っても見ますね。
nor_jpn_03.jpgnor_jpn_04.jpg
 このほか画像は撮れなかったのですが『ドラゴンボール』なども見かけました。

 カラオケのできるバーのようです。
nor_jpn_05.jpg

 思った以上に日本のものが浸透しています・・・。


ノルウェーに行ってきました。

 GWは日本を離れ、ノルウェー旅行に行ってきました。
norway_01.jpg

 日本ではバタバタと忙しくやっておりましたので、かなりリフレッシュできました。

 以下、小ネタです。
 ・行きも帰りも成田空港は結構空いていました。旅行離れって本当なのでしょうか?
 ・「向こうは寒い」と言われ続けコートを持っていったのですが全然寒くなく、オスロ中央駅で最初に目に入った人は半袖シャツした。
 ・今回も私は日本人とは見られないままでした・・・。orz
 ・子供達がかなりかわいかったのですが
norway_02.jpg
  彼ら彼女らが大柄に成長するというのが信じられないです。
 ・鯨を食べました。そういえば捕鯨国でしたね。
 ・どこに行っても片言の英語が使え、使ったノルウェー語といえば「おはよう(God morgen)」「こんにちは(God dag)」「ありがとう(Takk)」「はい(Ja)」「いいえ(Nei)」「すみません(Unnskyld)」「すばらしい(flott)」「かわいい(søt)」だけでした・・・。

 しばらくノルウェーネタで更新をしていきます。


1 2