スナック 一覧

美人ママがおもてなし

 シンプルすぎる表記で危うく見落とすところでした。

 「麻衣」さんというスナックで「美人ママがおもてなし」とあります。

 とかくこの様なキャッチフレーズのお店は冗談に走りがちなのですが、お店の外観含めさっぱりしていて冗談の要素は一切ありません。
 看板上部の女性の横顔と妖精の絵も真面目なタッチでとてもイイ味出しています。

 どんな常連さんが付いているのかを見てみたいと思いました。


オバチャンホンポ

 少し時間が出来たので、予てより気になっていた有名物件の確認に行って参りました。

obahon_01

 「オバチャンホンポ」さんです。ちょうど営業前を画像に収めることができました。看板には「BA・BAR」と謎の業態告知がされておりますが、実際の業態は熟女パブという位置づけのようです。

obahon_02

 縦看板です。快晴の空に映えてよりイイ味が出ていると思います。

obahon_03

 求人もしておりました。フロアレディーは25歳~ということです。しかし25歳でオバチャン扱いされるのは中々キツいものがあります。時給は1600円でした。

obahon_04

 私が何より気になったのは建物の構造です。「麻雀リーチ屋」さんという麻雀荘と「オバチャンホンポ」さんが同じ建物に同居しているようです。手前がオバチャンホンポ、奥が麻雀荘で、両サイドにオバチャンホンポの入口があり、真ん中に奥の麻雀荘へ続く入口があるということでしょうか。

 建物からして一筋縄ではいかないお店のようです。

 このブログをご覧の皆様も良いお年をお迎えください。


最新式カラオケ 大画面迫力

 これまた年季の入った看板です。

shigesa

 「スナック しげさ」さんとのことです。小さい看板ながらも回転灯をつけていたりして告知を頑張っているところが可愛らしく、長年お客を呼び続けているであろうところがいじらしいです。

 そんな可愛らしい看板ですが告知文は「最新式カラオケ 大画面迫力」というものでした。フォントもイイ味出しています。「気楽で安い!!」という文言もイイですね。

 「迫力のある大画面」が売りなのだと思いますが「大画面迫力」という文言が中々新鮮です。またスナックで歌われるのはしっぽりとした歌が多いと思っているのですが、その迫力はどこに使われているのでしょう・・・。

 「新装開店」「新発売」などもそうですが、新しいことの告知はいつまで続けて良いのか悩むところですね。


スナック エクスポ

 昭和の雰囲気漂うお店です。
snackexpo
 「スナック エクスポ」さんとのことです。残念ながら閉店してしまっているようですが、大阪万博の頃から営業されていたのでしょうか。

 フォントも佇まいも味があり、店内も拝見したく思ってしまいました。そのまま残っていることが素晴らしいと思います。


舞蘭子

 スナック「舞蘭子」さんです。
buranko
 「舞」と「蘭」で華やかな漢字が並んでいますが、所謂レディースのような当て字になってしまっているのはご愛嬌でしょうか。

 撮影当初は遊具のブランコかと思っていたのですが、看板のスポンサーのお酒が「ARAC」で、
 「ARAC」 ⇒ 中東の蒸留酒「ARAK」 ⇒ 水割りすると白濁 ⇒ 白 ⇒「blanco」なのかと思えてきました。
 宝酒造さんの「ARAC」は飲んだことないのですが・・・。


1 2 3 4 9