JR飯田線 「田本駅」

 お次は「田本駅」です。

tamoto_01tamoto_02

 「田本駅」は天竜川に面した崖を切り開いて作られた駅でして、「断崖絶壁の駅」として知られています。そんな駅を見てみたくて途中下車しました。

 駅舎の内部と周辺地図です。先の「小和田駅」とは違い少し歩けば中学校や民家もあるようです。なお、この「田本駅」にはほぼ徒歩でしかたどり着くことが出来ません。さすが秘境駅です。

tamoto_03tamoto_04

 ホームを守る擁壁と、そこから迫り出す岩です。

tamoto_05

 ホームの上り側(豊橋側)が駅の出入口となっていまして、使用済みの切符入れもちゃんとありました。

tamoto_07

 駅を上から見たところ(これで全景)です。如何に険しいところにつくられたかが良くわかるかと思います。

tamoto_06

 水辺の好きな私は天竜川が見たかったので川のほうへ下って行ったのですが、直ぐに落石・増水の注意看板に出くわしまして、またその看板から直ぐのところに落石による手すりの崩壊現場が見られました。
 自然の恐ろしさ、そして注意看板の適切さが感じられます。

tamoto_08tamoto_09

 天竜川に掛かる竜田橋です。吊り橋でして結構揺れます。橋上にはタヌキやイノシシのものでしょうか、柿の種が含まれる動物の糞が多数落ちておりました。

tamoto_10

 竜田橋から見た天竜川です。中々の絶景です。

tamoto_11

 竜田橋を渡ってしばらく行くと峰竜太さんやニッチロー’ さんの母校、長野県阿南高等学校の野球部などのグラウンドがあるそうです。(阿南高校の最寄り駅はお隣の温田駅)

 最後に田本駅にやってくる電車の動画です。

 こちらも降りてみて良かったと思えるネタの多い駅でした。


JR飯田線 「小和田駅」

 先日、JR飯田線全線乗り通しの旅に行って参りました。飯田線沿線は景色が綺麗で人も穏やかで、のんびりするには最適なとても好きな路線なのですが、今回の旅では秘境駅と言われる「小和田駅」「田本駅」での下車にも挑戦してみまして、自分メモとして書き残しておきます。

 まずは「小和田駅」から。

kowada_01

 駅舎と旧駅名標です。レトロな雰囲気がたまりません。

kowada_02kowada_03

 この「小和田駅」、皇太子妃 雅子様の旧姓と漢字が同じということからご成婚の際は色々と話題になったようで、あやかって「恋成就駅」と名乗っておりました。こういうものは言った者勝ちですね(笑)

kowada_07

 当時走ったと思われる臨時列車「花嫁号」のプレートや恋人向けのベンチ、これまたあやかって実際に行われた駅での結婚式の模様を撮影した写真がありました。時の流れを感じさせます。

kowada_04

kowada_05kowada_06

kowada_08

 また「小和田駅」は静岡・愛知・長野の3県の県境近くにあるとのことで、その説明もありました。3国の図はイイ味出しています。

kowada_09kowada_10

 駅から延びる唯一の道を歩くと直ぐに山道案内板がありました。
 「塩沢集落 1時間」「高瀬橋 25分」とのことですが、塩沢集落に行く途中の高瀬橋は現在通行止めでして「小和田駅」は完全に人の生活圏から閉ざされてしまっている駅のようです。
 この地にたどり着く手段は鉄道しかないなんて、まさしく秘境駅ですね。

kowada_11

kowada_12kowada_13

 そんな人の生活圏から閉ざされた地「小和田駅」にはなんと「ポケモンGO」のジムとポケストップがありました。私はシャワーズをジムにセットしたのですがそこはさすが秘境駅、翌日の昼過ぎまで戻ってきませんでした。

kowada_14kowada_15

 「ポケモンGO」ができるということは携帯電話もしっかり繋がり、私は何故かここで会社から掛かってきたトラブル報告に対処しています(苦笑)この秘境の地でそんなことをした人は少ないでしょう。エヘン。

 他には天竜川の豊富な水と山のコントラストが美しかったです。

kowada_16

 降りてみる価値が大いにあるネタの多い駅でした。


ゴハンクレ

 駅前の路地裏で見つけました。「うなぎ川長」さんというお店の看板です。

5890

 「5890」「ゴハンクレ」とのことです。シンプルながらもしみじみと、そしてしっかりと通行人に訴えかけます。うなぎは高級食材ですが、庶民的なお店を目指されていることがわかる語呂合わせで素敵です。

 冒頭にリンクを貼ったお店のホームページも手作り感満載で且つ、更新もしっかりされていて、この語呂合わせに負けない、ほのぼのとしたとても素敵なサイトでした。

 ブログを更新するに当たり色々確認したところで、何でこちらで食事をしなかったのかと後悔をしているところです。


ンピーャシ

 通常運用に戻ります。用事で出かけた先で見つけました。

npiyashi

 「ンピーャシ」とあります。堂々とした字で且つツヤツヤ光っておりまして、とてもイイ味出ていますが中々の難読です。この読み難い表記であえて勝負をするところに色々なこだわりを感じます。

 お祭り屋台ではこの右読みを多く見かけますが、流儀があったりするのでしょうか。


台湾旅行2016 おまけ

 今回の台湾旅行で見つけた、うちのブログ向けのネタをご紹介いたします。

 まずは「StarFucks Cafe」です。「スタファ」ですね。近くにある麺線の店と肉まんの店目当てで通りかかったところ見つけました。
 目を疑いましたが、実際に真面目に営業されているようです。冗談でやっているのならともかく、真面目にやられているようなのでどなたか忠告してあげれば良いのにと思いました。

starfucks1starfucks2

 お次は地下鉄でよく見かけた「風の魔術師」という扇風機の広告です。これはサーキュレータとしても使えそうです。
 「うちに魔術師が居る」「魔術師を操っている」と吹聴したく、少し欲しくなりました。

kazeno

 「綺麗とエネルギー」とのことです。太和工房さんというお店のキャッチフレーズのようです。形容詞と名詞を並列させるところは面白いと思いました。

kireitoenergy

 「幸せなデザート」杏仁豆腐とのことです。「あなたに食べられて幸せ」ということでしょうか。
 お釈迦様に我が身を提供すべく火に飛び込んだウサギを思い出してしまいました。(´・ω・`)
 ちょっと小さいのですが右側に「新食感 獨特の味」と書いてありまして、それも面白かったです。

shiawasena


 今回も台湾は私を癒してくれました。台湾にはまだまだ行きたいところがたくさんあるので、お金を貯めたいと思います。ありがとう!台湾。


1 2 3 4 5 6 7 163