ズオャチオハ

 私の横をサァーっと駆け抜けていくところを急いで収めた一枚です。

haochaozu

 「ズオャチオハ」さんと「品食ベナタワ」さんの輸送車のようです。名前が二つあるのは販売会社と製造会社の違いっぽいですね。

 赤い丸字で「ズ」や「べ」の濁点など全体的にイイ味出しています。

 これは新宿に買い物に行く途中で撮影をしたのですが、行った先のデパートに何と出店をされておりまして、何たる偶然と思いつつ敬意を表してこちらの餃子を3種買って帰り、晩御飯のおかずにいたしました。


最新式カラオケ 大画面迫力

 これまた年季の入った看板です。

shigesa

 「スナック しげさ」さんとのことです。小さい看板ながらも回転灯をつけていたりして告知を頑張っているところが可愛らしく、長年お客を呼び続けているであろうところがいじらしいです。

 そんな可愛らしい看板ですが告知文は「最新式カラオケ 大画面迫力」というものでした。フォントもイイ味出しています。「気楽で安い!!」という文言もイイですね。

 「迫力のある大画面」が売りなのだと思いますが「大画面迫力」という文言が中々新鮮です。またスナックで歌われるのはしっぽりとした歌が多いと思っているのですが、その迫力はどこに使われているのでしょう・・・。

 「新装開店」「新発売」などもそうですが、新しいことの告知はいつまで続けて良いのか悩むところですね。


スタッフ募集 新装開店!

 大分年季の入った広告看板です。

carol

 「ビューティサロン キャロル」さんとのことです。女性の後姿のイラストや板の錆具合など、色々と時の流れを感じさせてくれる素敵な看板です。

 そんな時の流れを感じさせてくれる看板ですが、冒頭に「スタッフ募集 新装開店!」との告知がありました。

 「新発売」「新台導入」などもそうですが、新しいことの告知はいつまで続けて良いのか悩むところですね。


世界凄い生薬 十種配合

 久しぶりにまた「凄十」の紹介を見ました。とても懐かしい気持ちでいっぱいです。

sugo10

◎自然のパワー
すごじゅう 凄十
世界凄い生薬
十種配合

とあります。フォントもイイ味出ていて、紹介から凄さが迸っています。

 個人的には「世界凄い生薬」というフレーズは、凄さを説明する思考に言葉が追いついていない感じで中々好きです。


焼わかりと

 大賑わいのお祭の中で、一際渋い存在感を放ちながら佇んでおりました。

yakiwakarito

 「焼わかりと」とのことです。初見では博多弁っぽく「焼わかりと?」「焼わかりと。」と読んでしまいました。ちょっと可愛らしいですね。
 あとメニューとしては完全にお酒のつまみだと思いますが、私が近くを通ったときには周囲に子供ばかり沢山居て、その違和感に笑ってしまいました。


1 2 3 4 5 6 163