汁んと

 お次もお祭りの屋台からです。
shirunto
 ババーンと目に飛び込んできました。「汁んと」とあります。余分なオーナメントのない看板とフォントがなんともイイ味出しています。アクセントはどこに置いたら良いのでしょう?

 しかしお祭りイベントの軽食で、家庭料理っぽいものが並ぶというのは良いフェイントです。参加者の疲れた胃にポイント高いと思われます。いやむしろ、焼きそばやフランクフルトなどを食べた後、自宅で晩御飯を食べる間のターニングポイントかもしれません。
 他所での作り置きやインスタントでなく、ちゃんと作っているところが良いですね。アシスタントは付けず、お一人で切り盛りされておりました。七味などのコンディメントもとい、薬味もきちんと添えられ、マネージメントはバッチリです。
 クライアントもとい、お客はそこそこ途切れず続いておりました。カウントしたら結構良い数になると思います。

 小さい子供が洗顔するかのように、器に顔をうんと近づけてガツガツと食べておりました。イノセントな感じですね~。ペアレントもとい、親御さんの見守る暖かい目線にジーンときました。
 食べ方はちょっとコントのようですが、この子はたんと食べて、ぐんと大きくなる気がします。前途有望です。♪どんと行けぇ~


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。