フランクフルトの公共交通機関と交通標識

 フランクフルトの公共交通と交通標識をご紹介いたします。

 フランクフルトはかなり公共交通が発達しているため、市内観光がとても快適でした。また、泊まったホテルで周遊切符を手配してもらったためそれを使って無駄にぐるぐると巡っています。

 フランクフルト中央駅です。
germany1_01
 列車の駅であると共に地下鉄の駅も兼ねております。
 そこそこ大きいながらも内部は分かりやすく作られているため、ほとんど迷わずに目的の列車までたどり着けると思います。しかし「券売機はあれども改札口が無い」という違和感が最後まで抜けませんでした。
germany2_01germany2_02

 フランクフルト空港駅のホームとホームからの転落注意標識、及び切符です。
germany2_13germany2_14
germany2_15
 地下鉄と地下鉄の自動券売機です。
germany2_03germany2_04

 トラムです。
germany2_05

 地下鉄、バス、トラムは重複した区間を走っていたりするのですが、選択肢が多い分、併用して使えて便利でした。

 交通標識です。チェコと比べて人物の描写がシンプルです。
 「歩行者専用」標識が「お母さんと子供」で、チェコの「お父さんと娘」と親が逆であるところが面白いです。
germany2_06germany2_07
germany2_08germany2_09
germany2_10

 歩行者用信号です。自転車もついて可愛らしいです。
germany2_11germany2_12

 フランクフルトでは無賃乗車への警告が車内車外問わず貼り出されておりました。性善説に基づいているのか改札や検札をあまり行わないことから後を絶たないようです・・・。Suicaのようなカードを用いての改札口の導入は難しいのでしょうか。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。