ヨーロッパの魔法の都・プラハ その2

 引き続きプラハで印象に残ったものをご紹介して行きます。

 フランツ・カフカ博物館です。
czech7_01
 博物館前に立つ、2体の大人の立小便像がいきなりシュールです。
 作風が作風だけに展示はBGMを含めかなーり暗いものだったのですが、受付をされていた上品なご婦人が、しきりに日本語で話しかけてきたりとすごく明るく、そのギャップが面白かったです。
 カフカがらみとしては、カフカの生家にも行ってみました。
czech7_12czech7_13

 ムハ美術館(個人的に通称「ムハ美」)は旅行前から楽しみにしておりましたが・・・
czech7_02
 私が行った際は、日本人とアメリカ人※ばかりでした。ムハの生い立ちは詳しく分かります。(※話しかけられて判明)

 「プラハの春」「ビロード革命」の舞台、ヴァーツラフ広場です。
czech7_03czech7_04
 この辺りはプラハ一の繁華街となっておりまして、私はここで寒さに負けて上着を買いました・・・。

 国立博物館です。カフェなども入っておりますが展示は結構地味でして、且つ職員の監視も鋭く、社会主義時代の名残を感じます。
czech7_05

 スメタナ博物館です。
czech7_06czech7_07
 日本では「モルダウ」※でおなじみスメタナですが、博物館の立地がヴルタヴァ川沿いで、スメタナ像がヴルタヴァ川を背にしているところがさすがです。(※モルダウはヴルタヴァをドイツ語にしたもの)

 国民劇場です。ルネッサンス様式の建物です。チェコ人のシンボルだけあってなかなかカッコいい造りです。
czech7_08

 最後に旧市街から・・・
 ティーン教会(ゴシック様式)・旧市庁舎(ゴシック様式)・聖ミクラーシュ教会(バロック様式)・ヤン・フス像です。
czech7_09czech7_14
czech7_11czech7_10

 まだまだ見所は沢山ありまして、一週間プラハ観光だけという日本人旅行者の方もいらっしゃいました。皆様も行かれたら魔法にかかること請け合いです!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。