トリプレッテ カンペオン!

 チャンピオンズリーグの決勝でも「美しく勝つ」というバルサの哲学を貫き通して三冠達成を果たしてくれました(涙)
 2-0で勝利したのですがマンUとは点差以上の圧倒的な違いを感じました。ハラハラせずに落ち着いて観戦できましたね。今期はどのチームよりも図抜けてレベルが高く、クライフドリームチームもあっさりと超えた感じがします。
 何とペップは監督就任一年目での国王杯制覇、リーガ制覇、チャンピオンズリーグ制覇です。一つだけでもすごいのに三つとは・・・。いやぁ素晴らしい、完璧です。既に名将の雰囲気が漂い始めています。選手時代も好きでしたが、監督としても非常に好きです。

 良くやってくれた選手達とそのフォーメーション及び得点者は以下のとおりです。
       エトー       
アンリ           メッシ
 イニエスタ      チャビ  
       ブスケ       
シウビーニョ    プジョール
     ヤヤ  ピケ     
      バルデス       

得点:エトー(10分)・メッシ(70分)
交代:ケイタ(←アンリ72分)・ペドロ(←イニエスタ92分)

寸評です。
エトー:ここぞというときはやってくれますね。10分に点を取ってくれたことにより、バルサの展開により楽に持ち込めたと思います。
メッシ:得点王おめでとう!そしてちょっと早いけどバロンドールも確実ですね。今日もキレキレでした。
アンリ:念願のビッグイヤーです。これを獲るために移籍してきたので願いがかなって良かったですね。今日もプレーはエレガントでした。
チャビ:今日も非常に安定していました。ギリギリでのボール奪取やファールを犯したクリスティアーノ・ホナウドへの詰問やら男らしさも見せ、EUROのMVPで一皮向けた感があります。
イニエスタ:今日も非常に安定してキレキレでした。やはり彼が居ると居ないとでは大違いです。MFでは世界一だと思います。
ブスケ:今期、誰が彼のここまでの成長を予想したことでしょう。マンUに決勝で勝って、お父さんの仇はとりましたね。
プジョール:気合が漲っていたのが分かり易過ぎて面白いくらいでした。若手のときのようにオーバーラップしていましたね。カピタンとして2回目のビッグイヤーです。
ピケ:2年連続優勝おめでとう!やはり次世代のディフェンスリーダーは彼の他ありません。
シウビーニョ:試合後の号泣が印象的でした。アビダルより安定していたかもしれません。
ヤヤ:不慣れなセントラルでしたが、またもうまくこなしてくれました。さすがです。
バルデス:飛び出し鋭くホナウドのシュートを止めたりして、彼も非常に良かったです。
ケイタ:ヤヤとキャラは被るのですが、彼も落ち着いて見られました。
ペドロ:やはり彼が今のところの期待の星なのでしょうか?時間稼ぎ要員とはいえピッチに立てて良かったですね。

 リーガ開幕のヌマンシア戦に負けたときは「えっ?」と思いましたが、バルサファンをやってきてこれ以上無いくらいの面白いシーズンでした。 今シーズン撮り溜めた試合は何度も見返すと思います。
 ビスカ!バルサ!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。