またね

 もつ焼きのお店の看板です。
motsuyaki.jpg

 豚が半被を着て、右前に何かの串を、左前「またね」という団扇を持っています。安易に人間のような手を描かず、ひづめに挟んでいるところがなかなか面白いです。
 入口にかけられている看板なのに「またね」と書くのは変わっているため、串に変わった仲間への別れの言葉なのかとも思いましたが、豚さんがすごく爽やかな笑顔であることからきっと違うのでしょうね。 しかし、何に対しての「またね」なのでしょうか。謎は深まるばかりです。

 もつ焼きは最近好きになって来ました。歳を経るごとに食べ物の好みは変わります。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。