飲む前がハイテンション。

 先日、結構な体調不良にもかかわらず会社を休めない日がありまして、多分にプラシーボ効果と思われるもののユンケルを飲んで乗り切ったのですが、そのことを知人に話したところ「じゃあ、これも辛かったときに飲んでみる?」と言われ、渡されたのがこちら
zeturin_1zeturin_2
 絶倫ゴールドです。薬局の特売コーナーにおいてあったのを見て、ネタを求めて何本か買っておいたのだそうです。
 ・・・(´・ω・)?「ああ・・・、ありがとう・・・」としか言えませんでした。

 なんでも、オットセイの骨格筋エキス(カロペプタイド)にマムシエキス、ガラナエキス、スッポンエキスが入っていて、絶倫配合をしているそうです。
 発売元は再春館薬品さんとのことですが、ドモホルンリンクルでおなじみの再春館製薬さんとは全く別の会社のようです。「回春」なんて言葉もありますし語呂が良かったので使われたというところでしょうか。

 「感想を聞かせて」と言われていたのですが、そのまま飲む勇気はないので上品さのアップやお茶目さの付加を期待してフルートグラスに移してみました。
zeturin_3
 もっと黄色いものだと想像していましたが、瓶の色とほぼ同じです。
 味はと言いますと、絶倫配合されたうちのニンニクエキス25mgが他の風味に勝ってしまっておりまして、ニンニク臭くて薬っぽいという味でした・・・。必要性のある方には効きそうな味とでも言っておきましょうか。

 実は知人はもう一種包んでくれまして・・・ それがこちら
seisen_1seisen_2
 精泉ビンビン液です。こちらも負けず劣らずストレートな名前です・・・。野球の投球に例えたら完全に打者にぶつけに行っていますね。二者連続デッドボールです。

 これを見てまず、「清泉女子大関係者はどう思うか・・・」とふと思ってしまいました。(´・ω・`)
 あと 「そういえば○○びんびん物語ってドラマのシリーズあったよね。」と連想する方が多いと思いますが、今の私は田原俊彦さんや野村宏伸さんなんか構っていられません。
 阪本漢法製薬さんというところが製造販売しているそうで、マムシエキスを中心とした配合のようです。たんぱく質が6.2g入っているところも特徴です。
 
 こちらもフルートグラスに移してみました。
seisen_3
 やや薄い茶色です。前者に比べたら同じくやや飲みやすい気もしますが、やはり薬っぽくて必要性のある方には効きそうな味です。

 小林製薬だけでなく、こういった薬品こそネーミングが命なのではないかと再認識しました。
 結局両方とも飲み切れず瓶に戻して冷蔵庫にしまったのですが、我ながら年甲斐もなくよく挑戦したものだと夜中に天井を見上げて思いました。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。