FIFAクラブワールドカップ2006 おまけ

 前回のエントリーのおまけです。

 先ずは3位決定戦から・・・

 3位決定戦のチケットは決勝と抱き合わせセットだったので両方見ないと損なのですが、入りが悪かったです。決して安いチケットではないのに・・・。
 一番人気があった選手はクラブアメリカのブランコ選手で、次が同じくクラブアメリカの“ピオホ”クラウディオ・ロペス選手というところでした。ブランコ選手は後半途中からの登場でしたが、サイドからの突破が効いていて往年の活躍を思い出しました。

 私の印象に残った選手はアルアハリのアブトレイカ選手です。動きがしなやかで優雅なところは「アフリカのジダン」のニックネームに恥じないものでした。

 あとは同じくアルアハリのフラビオ選手のボディーバランスのよさが光っていました。
 応援の声はアルアハリ>クラブアメリカでしたね。 クラブアメリカは10人くらいで応援していまして、寂しかったです。

 次に決勝戦

 試合前に披露されました。準備されている方が居るんですねぇ~お疲れ様です。ちなみに垂れ幕は3位決定戦前にフライングで出されていて、慌てて片付けておりました。「ご愛嬌」ですね。
 注目されていたインテルナシオナルのアレシャンドレ選手は確かにスター性を感じました。

 でもプジョールの顔を押さえたりして、したたかさもなかなかのものです。さすがブラジル人。
 バルサの次世代の星、ドスサントス選手とマーククロッサス選手です。

 今大会出番はありませんでしたが、セレソンにおける「有望株枠」(ビスマルク・ホナウド・カカー等)帯同のようなものでしょうね。うまく育ってもらいたいものです・・・。
 応援の声はインテルナシオナル>バルセロナというところでした。“サポーター”と“ファン”の違いなのでしょうか。

 その他

 オープニングセレモニーの模様です。意外に地味でした。この大会が世界に浸透してきたら派手になるかもしれないですね。
 試合終了後、バルサの選手はインテルの選手に握手を求められてしっかり握手を返していました。紳士です。バルサのファンでよかったと思いましたよ。

 来年も是非来て「三度目の正直」を見せて欲しいです。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。