マルコリーニチョコレートパフェ

 昨日は三社祭に行ってきたのですが、浅草に行く前に銀座に途中下車してピエールマルコリーニのカフェに行ってきました。

 「ジャン=ポール・・・」と言えば、サルトルでもベルモンドでもゴルチェでもなくエヴァンな私ですが、こちらのお店はなぜか行く機会がなく、友人に連れられこの日が初めてでした。
 私の注文したマルコリーニチョコレートパフェです。

 濃厚なのですがしつこくなく飽きません。カカオの香りも素晴らしいです。唇・鼻腔・舌・口蓋・喉・・・とあらゆる器官で味わうチョコレートパフェだと思います。喉を通る際、私は目をつぶってしっかり余韻に浸りました。
 決してチョコだけが突出しているわけではなく、パフェとしてバランスがとれていまして、下部のバニラアイスは脇役と言ってはかわいそうになるくらい単品でも充分おいしいものです。バナナはしっかりチョコをつけてチョコバナナとして食べました(笑) 食べ終わるまでの時間が非常に短く感じられます。
 なお、私は合わせて紅茶を頼んだのですが、コーヒーの方が良かったかもしれません。

 店員さんは高級感溢れる大人の女性が多いかと思いきや、若い女の子が多かったです。水をこぼしたり、テーブルを間違えたり、高級店にあまりないハプニングも面白かったです。
 その後いろいろと一日中甘いものをちょっとづつ食べ歩いたのですが、これの印象がかなり強く、夜まで引きました。近くに行く際は寄ってみようと思います。

 三社祭にもちゃんと行ったので証拠までに。

 日陰で涼んでいたら、同じように周りで座っている人(法被着用)が全員刺青を入れた年配男性だったといった事件も発生しましたが、そのときもチョコのことを考えていたと思います。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。