コカコーラ歯科

 小学生のとき、「コーラを飲むと歯や骨が溶ける」と信じて頑なに飲まず、理科の時間にその持論を展開して泣きながらクラスメイトと論争を繰り広げ、学級会の議題にまでした子がいました。
 そんなあの子に見せたい看板です。

 これは文字通り「コカコーラ歯科」とお読みしてよいのでしょうか?それともスポンサーなのでしょうか?「ENJOY CocaCola~」と言われても心から楽しめない雰囲気です。

 歯科名をちゃんと表示していないのが一番の問題でもあり、この素晴らしい作品を生み出してくれた要因でもあるのですが、建物の周りをぐるっと回ってみても結局歯科名は分からずじまいでした・・・。電話をかけてみたい衝動に駆られましたが、なんとか踏みとどまりました。
 気難しそうな初老の先生が出てきて「ペプシ派はお断りだ!」等と言ったりしていたら面白いのになぁと妄想想像しながら家路につきました。

 結局冒頭の問題は、「コーラは歯や骨を溶かせるような強い酸は持たない」というのが正解なのですが、思い出話をもう1つ。
 高校時代に赴任してきた身長190cm以上の筋骨隆々といった感じのアメリカ人英語教師が、ものすごいコーラ中毒で一日に3リットルくらい余裕で飲んでいまして、校長や学年主任に「昼休みか放課後までは飲むのを止めなさい」と注意されてシュンとなっている姿が非常におかしかったのですが、一日に3リットル飲んでも全くの健康体で、授業はもちろんスポーツもバリバリこなしておりまして・・・、この英語教師も看板同様、あの同級生に見せたかった(学級会にも出て欲しかった)と何度も思いました。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。