フエ宮廷料理を食す。

 ベトナム旅行ネタで更新しております。
 フエでは宮廷料理を食べに行きました。コースで出てきた料理を順にさささっと紹介いたします。

 鳳凰でしょうか?羽にあたる部分のハムのようなものをお酢の入ったヌックマム(魚醤)につけて食べます。他の飾り切りの部分ももちろん食べられます・・・。椿の花はトマトの皮で作っています。

 揚げワンタンと揚げ肉団子がパイナップルをくりぬいて作った提灯に刺さっています。塩コショウにライムの絞り汁をかけたものにつけて食べます。

 きのこがいろいろ入ったスープです。地味ですが普通においしかったです。

 パイナップルで作られた鳥に揚げ春巻きが刺さっています。ベトナムの揚げ春巻きはハイレベルです。鳥の胴体ももちろん食べました。(4品目でデザート開始・・・?)

 魚のフライです。ケチャップ(!)がかけてあります。たまに地味なものが出ると逆にびっくりする自分がいました。

 ドラゴンです。なかなかの力作だと思いました。胴体にあたる部分を食べるのですが、青パパイヤと人参の千切りをまとめたものでつくられています。

 ゆで海老とイカリング(イカフライ)です。「イカリングが宮廷料理なのか!」と思いましたが、普通においしかったです。
 一品目の椿の花といい、花の飾り切りは習得してみたくてしげしげと眺めてしまいました。

 亀チャーハンです。人参の部分ももちろん食べました。それにしても人参大活躍です。ちなみに亀の目は胡椒でした。

 再度ドラゴンです。6品目のドラゴンは中ボスでこのドラゴンがラスボスというところでしょうか?それにしても人参大活躍です。
 さすがにバナナしか食べられませんでした。人数が多い場合はドラゴンが象に変わるそうです。

 おいしかったのですが「飾り切りを楽しむものだね。」というのが正直な感想です。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。