燃える酒鍋

 都電の車中で撮影しました。宣伝内容・絵のタッチ・フォント・レトロ感・・・と申し分ありません。

 特に店の大将と思しきイラストは、つる三八○○ムしのようです。「燃える酒鍋」の文言で、店側が乗客に与えたいだろうイメージとは逆ベクトルの存在ではないでしょうか?電話番号の桁数が変わろうが刷り直すことなく、手書きで対応しているところもたまりません。
 他にもツッコミどころはたくさんありますが、なんか見ていて元気が出ました。マイペース万歳っ!! ヽ( ´∀`)ノ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。